2020/11/10
恋愛ノウハウ

東京にある田舎教えます!田舎気分を味わえるおすすめの観光スポット6選をチェック

日本の首都、大都市「東京」。

高いビルが立ち並び、人が忙しなく足早に過ぎていく…そんな風景や毎日に疲れていませんか?

実は「東京」にも、そんな疲れた心も体も癒してくれる田舎気分を味わえるスポットが数多くあります。

今回は、東京にある田舎を教えちゃいます!

ほとんどが日帰りできる場所なので、是非チェックしてみてくださいね!

東京都内にある田舎はどこ?

足立区にある無人駅「大師前駅」

23区内にあって唯一の無人駅である「大師前駅(だいしまええき)」。

足立区西新井の東武鉄道大師線の駅で、なんと自動改札機・自動券売機・自動精算機の設置もありません。

では、どうするのか…というと隣の「西新井駅」で処理をするんです。

東京駅から電車で45分ほどの場所で、令和の時代にSuicaすら使えないなんてビックリですよね。

切符も売っていないので、電車に乗るときはそのまま乗車して「西新井駅」で購入することに。

駅から歩いて1分の場所にある總持寺(そうじじ)は、西新井大師(にしあらいだいし)の通称で広く知られ、川崎大師などと共に「関東三大師」のひとつとして、お正月には初詣には大勢のの参拝客が。

ちょっとした田舎の気分のノスタルジーに浸るには良い場所です。

東京で一番面積が広い「奥多摩町」

東京都の一番西に位置している「奥多摩町」は東京都内で一番の面積を誇ります。

標高が高く、年間平均気温は11~12度で、冬は氷点下を下回り、都心と10度の差がつくことも。

中央線の立川駅から青梅線で1時間ちょっとの終点が最寄駅の「奥多摩駅」。

奥多摩町には、人口湖の奥多摩湖があり、自然にあふれています。

積雪量も都内一番で、1メートル以上の積雪になることも。

山登り・渓流釣り・川遊び・天体観測などのアクティビティのほか、鍾乳洞を観光することもできます。

東京唯一の村「檜原村」

東京特別区小笠原諸島の小笠原村を除いた東京都内で唯一の村檜原村(ひのはらむら)」。

奥多摩町の下に位置していて、東京駅からは電車とバスを乗り継いで約2時間の東京の秘境ともいえる場所。

面積105.41平方メートルに、人口が1,975人と少なく(2020年10月1日現在)で、村の9割は森林。

多摩川最大の支流「秋川」の源流があり、水も豊富で滝も多く、特に「払沢(ほっさわ)の滝」が有名。

自然を楽しみながらハイキングのできるコースが用意されており、檜原村観光協会で目的別に案内してもらうこともできます。

汗をかいた後は、檜原温泉センター「数馬の湯」でリフレッシュ。

アルカリ性単純温泉で、大人:880円・小人:440円、営業時間は10:00~19:00(月曜日休館)。

村の人たちが温厚で、癒されること間違いなしです。

東京で田舎暮らししやすい「日の出町」

秩父多摩甲斐国立公園の玄関口とも言われている自然が豊かな「日の出町(ひのでまち)」。

奥多摩町の東側に位置していて、隣のあきる野市にある五日市線の駅を利用すれば、東京から1時間半程度。

町内に鉄道路線の駅はありませんが、隣接駅には徒歩でも行けるため、十分通勤圏内ともいえる東京の田舎町です。

2007年に大型ショッピングモールのイオンモールがオープンし、川遊びやバーベキュースポットなど自然も多く、子育てもしやすいことから、移住する人も増加。

「日の出山」の山頂からは、スカイツリーを見ることもでき、都会を感じることが出来つつも、自然を味わえるため、田舎暮らしをしたい人にもおすすめの場所です。

東京都内で田舎気分を味わえる観光スポット6選

日原鍾乳洞|奥多摩町

奥多摩駅からバスで約40分「日原鍾乳洞(にっぱらしょうにゅうどう)」は、関東随一の鍾乳洞で、東京都の天然記念物。

総延長1270メートルで、所要時間は40分ほど。

「水琴窟」という水が奏でる澄んだ不思議な音色を楽しむこともでき、とても神秘的で日常を忘れてしまいます。

入場料は大人:800円・中学生:600円・小学生:500円。

東京都内で洞窟探検できる場所はここだけです。

武蔵御嶽神社|青梅市

御岳山の頂上にある「武蔵御嶽神社」へ行くには、ケーブルカーを利用して「滝本駅」より「御岳山駅」へ行き、そこから徒歩25分です。

足に自信がある方は「滝本駅」より徒歩で1時間かけて本堂へ行くのもおすすめ。

どちらにせよ、歩きやすい靴を選ぶことが重要。

標高929メートルから関東一円を見渡せる絶景は、ここが東京だとは思えないほどの圧巻。

大口真神(おいぬ様)を祀っていることから、愛犬の祈祷もできるので、愛犬を連れて訪れる人も多くいます。

奥氷川神社|青梅市

「氷川神社」と「中氷川神社」とともに「武蔵三氷川」と呼ばれる「奥氷川神社」。

根元近くから三本に分岐している珍しい杉の「氷川三本杉」があり、鎌倉時代に植えられたという伝説がある神木です。

この杉は、東京都指定天然記念物の都内最大の杉で、樹高約50メートル。

JR青梅線「奥多摩駅」徒歩約3分とアクセスしやすい場所にあるので、ふらりと立ち寄ることができるのが嬉しいですね。

瀬音の湯|あきる野市

秋川渓谷沿いにある「瀬音の湯」は、四季折々の景色を、浴槽からの窓越しに楽しむことができます。

地下1,500mから湧出した、アルカリ度がとても高い温泉は、とろりとした柔らかなお湯で、美肌効果も。

入浴料は、大人:900円、小人:450円(3時間)

タオルなどの貸し出しは行っていないため、持って行くのがおすすめ。(購入もできます)

また、宿泊施設を併設しているため、泊りで都会の喧騒を忘れたい人におすすめで、ゆっくり過ごすことができますよ。

小石川後楽園|文京区

東京ドームのある後楽園は、文化財保護法によって特別史跡及び特別名勝に指定されている小石川後楽園」という公園が名前の由来。

この庭園は池を中心にした「回遊式築山泉水庭園」になっていて、随所に中国の名所の名前が付けられています。

東京駅から、東京メトロ丸ノ内線で「後楽園」へ行き、そこから徒歩8分。

入場料は、大人:300円・65歳以上:150円(小学生以下と都内在住・在学の中学生は無料)

23区内とは思えないほどの歴史を感じられる場所で、タイムスリップしたかのような感覚になりますよ。

等々力渓谷|世田谷区

東急大井町線「等々力駅」から徒歩3分。渋谷から徒歩20分の場所にある「等々力渓谷

高級住宅地で有名な世田谷区の中にある、まさしく隠れ田舎スポット。

谷沢川に沿った渓谷には、自然があふれ、水のせせらぎを聞きながら澄んだ空気の中、散策することができます。

その中でも、おすすめしたい穴場スポットは「不動の瀧」と「等々力不動尊」。

散策路を進んだ左手に、不動の瀧と等々力不動尊に続く階段があります。

入場料などもないので、気軽に立ち寄れるのが嬉しいですね。

都心に通勤しやすい東京の田舎

アクセスのしやすさは断トツ「三鷹市」

「三鷹駅」から新宿までは、JR中央線で15分。

「三鷹駅」の隣「吉祥寺駅」から京王井の頭線で、渋谷まで20分。

都心へのアクセスのしやすさは断トツの「三鷹市」は、「井の頭恩賜公園」や「三鷹の森ジブリ美術館」など自然豊かな場所も多く、都会便利さとと田舎住みやすさのちょうど中間に位置しているとも言えます。

吉祥寺は、住みたい街ランキング上位に君臨していますが、一駅先の「三鷹駅」まで来ると家賃も安くなり、閑静な住宅街も多く、ファミリーにも人気。

東京や新宿、渋谷への通勤・通学をしている人で、アクセスの良さを重視するなら「三鷹市がおすすめです。

キャベツ畑が広がる「練馬区」

東京23区の中で最も田舎だと言われている「練馬区」。

理由は、農地面積が多く、特にキャベツ畑が広がる景色は田舎そのもの。

「練馬駅」は東京メトロ有楽町線・西武池袋線・西武有楽町線・西武豊島線・都営地下鉄大江戸線の計4本の路線が通っていて、主要地域に乗り換えなしで行けるのが魅力。

西武バス、京王バス、国際興業バスなど、バス路線も充実しているので、交通に不便さを感じることがありません。

また、石神井池と三宝寺池の2つの大きな池と自然に溢れた「石神井公園」や、噴水・スポーツ施設・アスレチックなど大人から子供まで楽しめる「大泉中央公園」など公園が多くあり、緑がとても豊か。

池袋や渋谷に通勤・通学しながら、都会の喧騒から離れて暮らしたい人には「練馬区がおすすめです。

東京都に住む人が田舎に憧れる理由とは

東京都の人口の半数が地方出身者

生粋の江戸っ子「東京生まれ東京育ち」の人は、なんと東京都民の半分。

東京都の人口は1千4百万人近くで、その半数は地方出身者なのです。

筆者自身も、地方からの上京組で、都内にいる周りの仕事仲間や友人たちもほとんどが地方出身者であることから、「どこ出身?」が最初の会話になることが多かったです。

東京に上京してくる理由は様々ですが、東京には魅力が多く、仕事もプライベートも充実させることができる憧れの場所だと言えますね。

ストレス解消とリフレッシュのため

東京という大都会にいると、肩肘を張ってしまうことが多く、プレッシャーを感じやすくなってしまいます。

便利すぎる街はいつもお祭りのようで、人ごみに疲れてしまうことも。

そんな忙しく目まぐるしい毎日から、自分を解放するために、田舎を恋しく思ってしまうのですね。

東京に暮らす多くの人は、ストレスを解消とリフレッシュのために、喧騒から離れた緑の多い田舎の景色に癒しを求める傾向があります。

休日を利用して、都外に旅行に行く人が多いのも、毎日のストレスが原因かもしれません。

東京で田舎を満喫しよう|まとめ

わざわざ連休を取って、遠くまで行かなくても、東京で田舎を満喫することができるとお分かりいただけたでしょうか?

意外と自分が住んでいる近くにも、隠れた田舎スポットがあるかもしれないですね。

時間に追われる毎日や人間関係に疲れてしまったとき「田舎へ行きたい」と思うのは、「田舎は癒される」という思いがあるからなんです。

自然を見ることで、人間は心が安らかになり、穏やかな気持ちになれます。

今回、おすすめした東京の田舎気分を味わえるスポットで「明日からまた頑張ろう!」という気持ちになれたら嬉しいです。

 

執筆:Miki Shimada

関連記事

婚活から結婚を意識する決め手とは?結婚へ進むための決め手を男女別にご紹介!

婚活を始めて随分経つのに、なかなか結婚を決断できずに悩んでいませんか?何を決め手にして結婚に進めばいいか分からない人もいるかもしれません。この記事では、婚活から結婚へ進むための決め手や、結婚の決め手に欠ける人の原因などをご紹介していきます。

婚活鬱がひどい…婚活地獄に堕ちる人とその原因とは一体?

「婚活をやめたい」「自分には無理」「諦めよう」実はこう思ってしまう人は婚活鬱の可能性があることを知っていましたか?婚活鬱になりやすい3パターンの人や4つの原因を解説していきます。少し向かっていく方向と考え方を変えればきっと報われますよ!

婚活を本気でやるためのスイッチを入れる8つの心得!誰でもできることから!

婚活成功ポイントを磨く以前に婚活に対するモチベーションアップ方法9つを今回は伝授します!全部できなくてもこのうち1つや2つやるだけで婚活もうまくいくこともあるとか。まずはお試ししてみて、婚活に参加してみてください!

バレずに不倫する方法は?オススメの出会い方を解説!

不倫はイケナイ事と分かっていても、欲望に性欲に勝てずやってしまいますよね。 どうせやるならバレないようにこっそりとしたいもの。 不倫をする上で相手を上手に探す方法から、不倫を続けるポイント。 そして万が一バレてしまった時の対応法を紹介します。

出会いの場所が知りたい!婚活・恋活はどこにでもチャンスがあるの!?

「出会いがない。」そんな一言をポツリと呟いたことはおそらく1回どころか何回もありますよね!出会いがない理由と出会える場所を改めてピックアップしてみたのでこれさえ読めば、これまで行ってみた場所が全て出会いの場所になるかも!?