2018/08/14
恋愛ノウハウ

婚活の後のLINEの話題はどうすればいい?連絡をする際の注意点をご紹介

婚活パーティーや、合コンなどで気になる相手とカップリングが成功したら誰でも嬉しいですよね。

連絡先の交換もスムーズにできて一安心・・・してる場合じゃないんです!

 

カップリングが成立したとはいえ、まだお互いによく知らないし

「何て連絡したらいいのかわからない」「連絡できても話が膨らまない」などなど、

カップリング成立後のLINEに関して悩んでいる方は少なくありません。

 

今回は、そんなLINEのやりとりでお悩みの方に「使える話題」と「振ってはいけない話題」をご紹介します。

LINEを活用してさらに相手との距離を縮める方法4つ

1;相手の名前を文面に入れる

たとえば、「今日はありがとうございました」よりも

「〇〇さん、今日はありがとうございました」のほうがより親しみのこもった文面になります。

 

決して静かでない場所にあなたがいたとします。

そこで自分の名前を呼ばれた気がして反応してしまった経験はありませんか?

 

「名前」は一人ひとりにとて特別なものです。

名前を呼ばれると親近感が増します。

気になる相手と連絡を取る場合は、不自然に思われない程度に意識して

相手の名前をいれるようにしましょう。

 

親密度があがるとお互いの呼び方も変わってくるかもしれません。

2:返信したくなる質問を入れる

相手のことをまだあまり知らない段階なので、

気になることをどんどん聞いてみる姿勢は大切ですが、
一方的になりすぎてしまわないように注意しましょう。

 

たとえば、相手の趣味や興味のあるものに対する質問であれば相手も返信しやすいですし、
それをきっかけに次のデートにつなげることもできるかもしれません。

 

また、あなた自身に興味を持ってもらえるように、文面の中に自分の情報を少しいれることで
相手の興味を引き付けることができるかもしれません。

 

自分のことを知ってもらいたい気持ちと、相手のことを知りたいという気持ちをうまく入れ込むのがコツです。

3:長文過ぎず、短文過ぎず

ひとによって「長文」「短文」の考え方は違うと思います。

あなたの気になる異性が普段どんなLINEをしているのかなんて知る由もないですよね。
そこでおすすめなのが、「相手の文章の長さに合わせて返信をする」ということです。

 

たとえば、普段から長文でのやり取りに慣れている人の場合、短文での返信では誠意がないと感じてしまいます。

 

逆に、普段は短文のやり取りに慣れている人の場合、長文のLINEを開いただけでおしまい。
なんてこともあるかもしれません。

 

そうならないためにも相手の文章の長さに注意してみてください。

 

LINEの場合は数回にわけて送ることも可能ですので、内容が多くなってしまう場合は、
3行ずつの文章を2回にわけて送ってみるなど工夫してみることも大切です。

4:相手の反応に共感する

相手から送られてきたLINEの内容に対して、しっかりと反応しましょう。

 

たとえば、「今日はこんなことがあって、すごく大変だった」という内容のLINEであれば、
「それすごいわかります」「大変ですよね」など、相手の心情に寄り添った返信を心掛けましょう。

 

そうすることで、相手はあなたのことを「理解してくれる人」として認識するはずです。

 

また、話したことに対してしっかりと反応を返してくれる安心感を相手に感じさせることができれば、
一つの話題が終わったあともLINEが途切れる可能性は低くなるはずです。

LINEでおすすめの4つの話題

1:趣味について

共通の趣味を持っている場合はその話題で盛り上がれること間違いなし!

お互いに好きなことであれば、話題に困ることはないですが、

一方的なLINEにならないように注意しましょう。

 

また、同じ趣味がないという方は相手の趣味や、好きなものについて
ある程度調べた上で話題にあげてみるのもいいかもしれません。

2:仕事について

仕事に対してポジティブな考え方を持つ相手にとっては、仕事の話も盛り上がる内容の一つです。

ここで注意したいのが、

「自慢話ばかりにならないようにすること」「愚痴ばかりにならないようにすること」です。

 

仕事の話をするときは、この二点に気を付けましょう。

3:食べ物について

好きな食べ物や、行ってみたいお店の話などLINEでも話題に上がりやすいものになります。

また、食事の話題であれば自然と次のデートに誘うこともできるのでおすすめです。

 

相手の好きなお菓子やお店の雑貨などプレゼントしてみてもいいかもしれません。

4:学生時代の話

もしもお互いの住んでいる場所が近くだった場合、地元トークや学生時代によく遊んだ場所など、
二人にしかわからないことで盛り上がれること間違いなしです。

 

実は過去に部活の大会などで出会っていた!なんてこともあるかもしれませんし、
共通の友人がいた!なんてこともあるかもしれません。

NGな話題3選

1:過去の恋愛話

気になる相手の過去の恋愛がどうだったのかということは少なからず気になることだとは思います。

しかし、過去の恋愛について話したくないと思う人もいるし、
あなた自身も自ら過去の恋愛について話す必要はありません。

あくまでも「過去は過去」として考えておきましょう。

 

しつこくしてしまうと相手からの印象が低くなってしまうこともあるので要注意。

2:学歴や年収

もしあなたが、出身大学や勤務先など、社会的ステータスについてばかり聞かれたら嫌な気持ちになりませんか?

婚活パーティーや婚活サイトで出会ったのであればある程度の情報はインプットされているはずです。

相手から「もしかして金目当てなのでは・・・」なんて印象を持たれてしまう可能性もあるので
相手のプライドを傷つける可能性のある話題はやめましょう。

3:政治と宗教

政治や宗教などの思想的な話題も避けましょう。

 

自分からそういった話題を出した場合、相手から「勧誘なのではないか」と疑いをもたれてしまうこともあります。

 

どうしても自分と同じ考えを持つ方と出会いたいのであれば、初めからプロフィールなどに記入しておきましょう。

次のデートへ繋げること

ここまで紹介してきたLINEでのやり取りに関するものは、

すべて次のデートへ繋げるための手段です。

 

あまり早すぎるデートの誘いは相手から本気度を疑われてしまうかもしれないので、
LINEでのやり取りをはじめて1ヵ月以内にデートのお誘いをするのが

ベストなタイミングだといわれています。

 

男性からデートに誘うことが一般的とされていますが、

女性から誘ってみても何の問題もありません。

 

LINEでのやり取りの中でデートに誘いやすいタイミングがあるかと思いますので、
会話の流れから自然にデートに誘ってみましょう!

関連記事

結婚市場で痛い勘違い!アラサー・アラフォーの婚活準備を大公開

婚活をするにあたり、男性に距離を取られてしまう勘違い女になっていませんか?自分のことをしっかりと理解していなければ、自分に合った相手を見つけることはできません。ここでは勘違い女性の特徴や婚活に向けての準備をご紹介します。

1年中楽しめる海デートの過ごし方|持ち物や注意点は?

みなさん、海デートはしていますか?海はアクティブにスポーツも楽しめるし、まったりと散歩しながらロマンティックな時間を過ごす事が出来るおすすめのデートスポットです。 でも「海デートって夏だけじゃないの?」「何をして過ごすの?」「持ち物や注意点はあるの?」など様々な疑問をお持ちですよね。 今回は、1年中楽しめる海デート

婚活で相手に求める条件は高くなりがち?|相手に求める条件上位10位を紹介

婚活を始めてなかなか良い出会いが訪れないと、焦って結婚条件を高くしてしまう人も多くいるようです。具体的にはどのような結婚条件を望んでいるのでしょうか?今回は、実際婚活をしている人が結婚相手に求める条件の上位10位をご紹介します。

待ちに待ったデート!どんな服装で行けばいい?

デートするならおしゃれして好きな相手から「かわいい」「かっこいい」と思ってもらいたいですよね。今回は、デートの服装についてお悩みのあなたに彼ウケ・彼女ウケ間違いなしの服装をご提案します。

婚活で公務員が人気の理由とは?|公務員と出会える方法を紹介!

安定した職業と言われる公務員。将来の安定を求める女性から支持を得ています。婚活パーティーや婚活サイト、結婚相談所で公務員を手に入れる方法、公務員を選ぶメリット・デメリットを解説します。公務員との結婚を願っている女性は参考にしてください。