2018/09/20
恋愛ノウハウ

デートで喧嘩をしてしまう理由とは|同じ失敗をしないための対策を徹底解説

せっかくの意中の相手とのデート当日。

楽しみにしていたのに

・喧嘩してしまった
・気まずい雰囲気になってしまった
・相手を怒らせてしまった
・楽しいどころが沈黙続きに

という経験は少なからず誰にでもあるのではないでしょうか。

では、世の中の恋人たちの喧嘩の原因にはどんなものがあるのでしょう。
探ってみました。

デート中の喧嘩の主な原因

1:待ち合わせに遅刻


デートスタート時点ですでに険悪ムードになってしまう、待ち合わせの遅刻。
遅刻の連絡が無くて待てるのは30分が限界という統計結果も出ています。

連絡があったとしても、10分前には着いて楽しみに待っている側からしたら、5分の遅刻でさえも機嫌を損ねる原因になってしまいます。

2:私服に幻滅、清潔感に欠ける


私服で会うのは初めて。おしゃれしてドキドキ待っていたら、向こうから歩いてくる相手の私服が残念すぎて、帰りたくなってしまった。
今まではいつも仕事帰りに会っていたのでスーツだったから分からなかったけれど、正直一緒に歩きたくない~と、会った瞬間から気持ちダウンなんてことも。

また、シャツが皺くちゃ、鼻毛が出ていて顔を直視できなかったなどの残念な声もあがっています。

3:行き先(お店)が決まっていない


待ち合わせしてから、「どこ行こうか?」「何しようか?」「何食べようか?」ばかりでは、事前に考えてくれてなかったんだと相手を残念な気持ちにさせてしまいます。

スマホでいくらでも情報を得られるこの時代に、行き先やお店がなかなか決まらないのはナンセンスと言えます。

4:注文がなかなか決まらない


決断力がモロに試される、注文のシーン。
メニュー表とにらめっこしてる時間が長すぎると、だんだん相手をイライラさせてしまいます。

優柔不断すぎる一面を知って、一人で決められない性格なんだ、頼りない人なのかなと、マイナス評価につながってしまいます。

5:歩くのが早い


隣でおしゃべりしながら歩きたいのに、早すぎて小走りになってしまい、その気遣いの無さにがっかりという女性の意見が多数あがっています。

男性の方が背が高い場合は、歩幅も広く必然的に進みが早くなります。
女性を気遣って歩くスピードを合わせてくれたら好感度上がるはずです。

6:会話が続かない

  • ・聞きたいことはたくさんあるはずなのに緊張してなかなか言葉がでてこない
  • ・お互い距離感が掴めずに会話が途切れとぎれの薄っぺらい内容
  • ・寡黙なところが素敵だなと思っていたけれどデート中に自分ばかり話していてしんどい

などなど、会話が弾まなくてだんだん疲れてしまい無言になってしまうという残念なケースも多々あります。

7:疲れてる


平日仕事が忙しいのは分かるけど、デート中に欠伸やため息、眠そうな表情をされたら、「一緒にいても楽しくないのかな。」と怒りたくもなります。

実際、一緒に映画を見ていたら隣から寝息が聞こえた、プラネタリウムデートで真っ暗になった瞬間寝てしまったなどの体験談もあります。

8:リアクションが薄い


明るく話しかけているのにそっけない返事ばかりでは、「話をちゃんと聞いているのかな?」、「そんなに私の話つまらない?」と思ってしまいます。

デートの基本である「会話」を弾ませるためには、リアクションはとっても重要です。

9:スマホをいじっている


せっかく一緒にいるのに、相手はスマホに夢中。
「それって今やること?」、「一緒にいてもつまらないのかな。」、「目の前にいる私より、今ここにいない誰かとの連絡の方が大事なの?」と気分を害してしまいます。

喧嘩の上位となるものを挙げました。
気遣いに欠ける、ルーズさ、無計画さ、優柔不断な面、身勝手な行動、無神経さ、コミュニケーション不足、などが根本にあるようです。

では、どうしたら喧嘩を防げるのでしょうか。

デート中、喧嘩にならないために

1:相手を大切に想う気持ちを行動に


「時間に遅れる」、「行き先が決まっていない」ということで怒ってしまうのは、相手が「自分は大切にされていない」と感じるからだと言えます。
相手を大切に想う気持ちを行動に変えれば、ここはクリアできるはず。

相手の時間も大切にして5分前には着くようにする、喜ぶ相手の顔を思い浮かべてデートの内容を考える、緊張や照れもありますが、ココが一番の重要ポイント。
相手が「自分は大切にされている」と感じる時間にできたらバッチリです。

2:事前に調べておく


近隣の人気のレストランやお出かけスポットを調べておく。
時事ネタ、芸能ニュース、話題のドラマ・映画などの情報を抑えておく。

事前に調べておくことで、行き先候補をいくつか挙げられるし、話題にも困りません。

3:私服センスは他力を借りる


服装のセンスは一朝一夕では身に付きません。
私服に自信の無い人は、お店に行って店員さんにトータルコーディネイトをしてもらう、異性の友達に服装チェックしてもらうなど、他の人の力を借りるのが手っ取り早いです。

また、おしゃれには「サイズ感」が重要です。自分の体型にフィットするサイズを選ぶためにも、店員さんのお力をお借りしましょう。

4:清潔感で印象アップ


恋人に求める条件として上位に挙がるのが「清潔感」。
その逆もしかり、清潔感の無さには100年の恋も冷めると言われています。

口臭や匂い、汗対策、鼻毛チェックなどの身だしなみは最低限のエチケット。
忘れがちなのが爪がきれいかどうか。手はよく相手の目に入ります。

また、シャツにアイロンをかけたり靴を磨いたりと、手入れがきちんとされていると好印象です。

5:デート中の会話で困ったら「聞く」

話すのが苦手という人は、「聞く」というのに重点を置き、質問で相手にたくさん話してもらうとよいでしょう。
人は自分に興味を持っている人に好感を抱くそうです。

まだ知らなかった相手の趣味や休日の過ごし方、好きな食べ物、今ハマってる事、学生時代の事、子供の頃の事などなど、いろいろ聞いてみましょう。

相手の事を知る中で、お互いの共通点が見つかると更に会話も弾みます。

6:リアクション大き目にしてみる

相槌やうなづきをいつもより少し大き目にしてみるだけで、相手は気持ち良くなってもっと話してくれるはずです。

リアクションを大き目にすることで、二人の会話はどんどん弾んでいくでしょう。

7:スマホ操作はデート前までに終わらせておく

気になるスマホでの作業は待ち合わせ前までに終わらせておきましょう。

どうしてもスマホで確認しなければならない用事がある場合は、トイレに行ったときにチェックする、もしくは、一言「ごめん、メール1本いいかな。」と断りをいれるとベターです。

仲直りするには「素直さ」がポイント

仲直りの糸口を見つけたい場合は、勇気を出して「素直な気持ちを伝える」ことをおススメします。
素直に「(大切にされていないと感じて)さみしい」という気持ちを相手に告げてみることで、さっきまでスマホばかりみていた相手も「ごめん」と、態度が急変、優しく接してくれるようになるのではないでしょうか。

また、自分に落ち度があると気付いたら素直に謝ってみる。
相手も今日のデートを楽しみにしていたのだから、素直になることでお互い打ち解けられるはずです。

デートを楽しい時間にして、二人の仲をぐんと深めるためにも、是非参考にしてみてください。

関連記事

もう婚活やめたい…何度やってもうまくいかないその理由と解決策を公開します

参加したての頃の婚活は新鮮で楽しいことも多いですよね?でも来週も再来週もその次の週も婚活の予定がたてこんできたら...。考えただけでも経験者は疲れてしまいますよね!これをキッカケに婚活をしている自分を見つめ直してみてはいかがでしょうか?

ハズレ合コンを当たりに変える方法6選!ブスだらけの合コンはチャンス!?

待ちに待った合コンでも期待ハズレでがっかりすることもありますよね...これ、誰もが一度は経験したことあるのではないでしょうか?そんなハズレ合コンでも発想の転換で楽しすぎる合コンになるかも!?世の男性諸君、必見だ!

美人は何故婚活で失敗する理由とは?|男性思う美人のイメージ

「美人と言われるのに、婚活を失敗しまくる・・・。」
安心してください。
美人が婚活に失敗するのには、理由があるんです。
今回の記事では「美人が婚活に失敗する理由」や「男性が結婚相手に求める条件」をご紹介しています。ぜひご覧になってください。

婚活パーティーでモテる男になるための20の教訓!婚活でもモテモテになりたい!

とにもかくにも「モテたい!」男なら永遠のテーマではないでしょうか?いつもモテているアイツは日頃からコレができていたからモテてチヤホヤされていたんです!今回はそんなモテノウハウを20個厳選してきたので、気になる方、いや、世の男性は必見ですよ!

旅行しながら婚活ができる「婚活バスツアー」で楽しい出会いと思い出を!

旅行も婚活も一度に楽しめてしまうバスツアー婚活。行きたいツアーを見つけたらあとは参加するだけのお手軽さは本当に魅力的ですよね!パーティーのように堅苦しくもない婚活バスツアーをまずはネットで要チェック!友人と行っても楽しめてしまいますよ!