2020/11/10
アダルト

セックスでイケない女子の悩み!イケるようになるコツと方法を伝授!

多くの女性の悩み・・・パートナーとのセックスでイケない事。

せっかくのセックスも頑張ってもらっているのに、演技でイッたフリをするのも申し訳なく思いますよね。

筆者もエッチをはじめた頃は中々イケず、彼に悪いなって思うのが何度もありました。

今回はなぜイケない状況が起こるのか、イケるようにしたらどうしたらいいのか具体的に解説していきます。

コツを掴みながら、ゆっくりとアソコを開発していけば誰でもイケるようになりますよ。

セックスでイケないのには理由がある

イケないと悩むのも分かりますが、そこには必ず理由があります。

自分でも全然気にしていなかった事が、実はイケないイキにくい理由だったりしますね。

➀オナニーのしすぎ

長くパートナーがいないと、オナニーで性処理をしますよね。

オナニーは自分の気持ちいい部分を刺激するので、実際のセックスではいつもの気持ちいいところに当たっていなかったり全く感じない事があります。

➁パートナーのテクニック不足

エッチをしていてイケない理由の中に、男性には申し訳ないのですがテクニック不足が原因の場合があるんです。

女性の気持ちいい場所を見つけて愛撫が出来なかったり、独りよがりなセックス女性には苦痛でしかないですよね。

いくらオナニーなどでポルチオやGスポットを開発しても、男性のテクニックとマッチしない限りいくら頑張っても気持ちいいと思えないんです。

パートナーのテクニック自分のアソコの開発と合わせてすれば、最高に気持ちいいセックスが出来るようになると思いますよ。

➂過去のセックスのトラウマ

辛いセックスのエピソードがあるだけでイケなくなってしまう女性もいます。

激しいセックスをされて出血したり、したくないプレイをやらされたりすると、それだけでセックスに対して恐怖を感じしていてもイケなくなってしまうんですよね。

➃体調がホルモンバランスで変わる

女性は周期で体調が変わるので、ホルモンバランスも生理前後になれば変ってきます。

調子がいい時はよく濡れるけど、そうでない時は全く濡れず、セックスをしたくても痛くなってしまうんですよね。

調子が悪い時は無理にしないか、濡れにくいなという日はローションを使うといいでしょう。

➄セックスを気持ちいいと思えない

オナニーに目覚めた結果、セックスが面倒と思えてきたりエッチ事態が気持よくないと思っていると、いくらパートナーとしていても作業にしかならず「早くイッてほしい」としか考えられなくなってしまいます。

ここまで来てしまうと、彼氏や夫がいてもセックスレスになってしまう結末になりますね。

セックスを気持ちいいと思えないのは、性交痛を経験してしまったか、愛撫や前戯などがない愛情のないエッチをしてしまったが為にやりたくないと思ってしまうのが原因でもあります。

1人でイケる感覚を覚える方法

セックスでイケないのなら、準備運動をして本番でもイケる感覚を掴みましょう。

オナニーでもやり方さえ間違えなければ、セックスで感じられるようになるまで開発ができます。

➀適度なオナニーで開発

毎日オナニーをしていると、本物のちんこを忘れてしまうので出来れば週に2回から3回にしましょう。

性欲をある程度溜めないと、ムラムラする事さえ分からなくなってしまいます。

激しいオナニーをせず、じっくりゆっくり緩やかな刺激を与えていくのがポイント。

乳首やアソコの周りを焦らすようにして少しずつ触っていきます。

じわじわする事でオーガズムを最高潮まで持っていく事ができるようになり、イキやすくなりますよ。

ただし、クリトリスをあまり弄りすぎると中イキしにくくなってしまうので、慣れてきたら外イキから中イキ出来るようなオナニーに切り替えていきましょう。

➁濡れにくい日はローションを使う

気持ちではしたくても、体の調子次第では濡れにくい濡れないという日があります。

そんな時はローションを使ってアソコをたっぷり濡らしてあげましょう。

ドライな状態でオナニーをはじめてしまうと、膣内を痛めてしまい傷つけてしまいますし痛いだけで気持ちよさを感じられません。

愛液だけでなく、ローション独特の感触や滑り具合にハマってしまう人もいます。

➂イケない時があっても焦らない

イケるように開発するまでには時間がかかります。

はじめのうちはイケなくても焦ったりしないこと。

焦ってしまうと、それだけで気持ちが追い付かず体も緊張したりイライラして感じにくくなってしまいますよ。

パートナーとのセックスでイケるようになるには?

 1人エッチでイケるようになったら、次はパートナーとのセックスでイケるようになりたいですよね。

ここからは、相手の男性にも協力してもらわない事には上手くいきません。

➀前戯に時間をかける

前戯なんかしないで早く入れて出したいという男性もいると思います。

ですが、前戯をじっくりしてもらう事で全身で感じられるように、イキやすくなりますね。

アソコやおっぱいを弄ってもらうと、緊張やセックスに対する怖さも段々弱まってきて濡れやすくなります。

いきなり入れると中がちゃんと濡れていないと、女性にはとても苦痛なんですよね。

挿入前の準備はお互いにしておくといいでしょう。

➁挿入をしてからもゆっくりとする

体位によっても変わってきますが、騎乗位なら女性主導になるのでゆっくりとアソコに挿入していきましょう。

オナニーでもディルドやバイブを一気に入れたりしませんよね?

それと同じで、ちんこもゆっくり入れて温度や感触を味わってみてください。

感じやすくなると、挿入しただけでイケてしまう女の子もいるんですよ。

おもちゃとは全く違うので、乱暴したりもできないですし色んな体位でセックスをしてみて下さい。

➂セックス中もコミュニケーションを取る

ただヤルだけでなく、パートナーと会話をしながらしてみましょう。

「どこが気持ちいい」や「こうすると感じる」という事を具体的に伝えながらすると、今まであまり感じられなかったセックスも、徐々に気持ちよくなってきます。

エッチな言葉をかけてもらったりすれば、アソコも敏感に反応してくれるでしょう。

➃恥ずかしがりすぎない

恥ずかしいと思いすぎると、思ったセックスが出来ずイケるようになるところまで到達しないかもしれません。

性感帯や自分の中で持っている性癖を曝け出す事でオーガズムを感じられるようになります。

パートナーに嫌われたくない、ドン引きされたくないと思って隠したままでは気持ちも開放的になれませんよね。

スカトロやハードなSM以外なら基本的に女性の性癖や変わったプレイにびっくりする事はありません。

女性の方に気を遣って、男性の方もやりたいプレイや性癖を隠してしまっている場合が多いので、女の子からリードするとより濃厚なセックスができますよ。

➄イケなくても気にしない

どんなやり方でやっても、セックスの経験が浅かったりすれば簡単にはイケません。

本番でイケなくてもパートナーとおもちゃを使って楽しむのもアリだと思います。

筆者もセックスをはじめた頃は中々イケず、悶々としていました。

ある日彼氏がラブホにあった電マをアソコに当ててきて、それでなんとかイケたんです。

開発中ならイケなくても、パートナーは怒ったり落ち込んだりしません。

最初からイキにくい事も分かっているのなら、セックスをする前に伝えておくといいですね。

イケるようになるまでは時間がかかる(まとめ)

誰もが最初からイケたわけではないんです。

筆者もセックスでイケるようになるまで何年もかかったんですよ。

個人差はありますが、焦らずにアソコの開発をしていけばイケるようになります。

たくさんイケるようになって体に潤いを与えられるようになりたいですね。

関連記事

彼に「名器」って言われたい女子必見!種類と特徴の解説と名器になれちゃう方法伝授

パートナーとのセックスで、「名器だね」と言われたら嬉しいですね。名器を持つ女性に憧れを抱いている男性は多く、そんな女性に出会ったら「絶対手放したくない」と感じるはず。男性を気持ちよくさせる「名器」と呼ばれる女性器には、いろいろな種類があり、それぞれに特徴が。自分が名器かどうかわからない場合でも、名器になれちゃう方法があるんです。今回は、男性が離れたくなくなる名器の数々と、名器になるためのトレーニング方法を徹底解説!これからのセックスに生かせることをトコトン伝授します。

日本人の昔のセックス事情は現代とここまで違う!避妊問題から共通点まで徹底解説!

昔のセックスってどんな感じだったの?コンドームやピルはいつから存在していた?など、昔のセックスに興味がある方は多いはず。そこで今回は今も昔も変わらないもの、今と昔で違うからこそ異なることなど、セックス今昔物語をご紹介!

海でナンパをする必勝法を伝授!海ナンを成功させる方法とナンパ待ちの女性の特徴とは

夏に海に行けば、ナンパをしたいと思う男性は多いのではないでしょうか。海は水着の可愛い女の子が多く、出会いのチャンスもあります。しかし、ナンパ待ちの女の子の特徴を把握してアプローチしないと成功率は下がりますので、ポイントを見ていきましょう。

足の裏フェチの人が感じる魅力とは?M男性を興奮させる要素を徹底解明!

少しコアな性癖ではありますが、足の裏フェチというものがあります。男性が多いのですが、女性の足の裏に性的興奮を覚えます。人によってすべすべが好きだったりガサガサが好きだったりは変わってくるので、どのような足の裏が好きなのかチェックしましょう。

スカートの下にショーツを履かない!?ノーパンデートの魅力とオススメのデート場所

スカートを履いている女性がショーツを履いていない「ノーパン状態」にするのはなぜでしょうか。ノーパンでいることはメリットもあり、必ずしも性的に興奮するためのものではないのですが、デートを楽しむとき女性がノーパンだったら…と思うとドキドキしてしまいますね。道具も必要なく、気軽に楽しめるノーパンデートの魅力やオススメのデート場所をご紹介します。