2020/10/27
アダルト

女性のオナニー事情|女子の自慰行為の頻度やオカズになるものを紹介します

女性のオナニー事情|ムラムラがおさまらない

オナニーは男性だけではなく、女性だってするんです。

恥ずかしくて表にあまり出てこない女性の性事情の1つですが、ストレス解消やキレイになりたくてやっているんですよね。

今回は男性も気になる女の子の自慰行為について解説します。

女性のオナニーの頻度は?

➀だいたい週一回

筆者もだいたい週1回のペースでしていますね。

なんとなく「ムラムラする~エッチしたいな~」と思った時にしています。

そこまで性欲が強くなく平均的な回数と言えますね。

そのかわり、1度のオナニーがとっても濃厚なものになります。

➁ほぼ毎日している

とっても性欲が強い人だと毎日やっていたり1日に何回もしたりしますね。

アソコが大丈夫なのか心配になりますが、我慢するよりはマシかもしれません。

オナニーの頻度はストレスやホルモンバランスによってもかわってきます。

長く彼氏がいない、夫とセックスレスで溜まりやすい状況になっている女性も、毎日オナニーする傾向にあるようですね。

➂パートナーとできなかった時だけ

パートナーがいるなら、その人とのセックスで十分という人もいます。

しかし、パートナーとしようと誘ってみたら疲れていてお預けになってしまうことも。

そんな時だけ発散できなかったモヤモヤしたものをオナニーで解消するんですよね。

よほど性欲が強い女性でなければ、パートナーがいれば自慰行為の回数は減っていきます。

女性がオナニーでオカズにしているもの

女の子のオナニーでオカズは何を使っているのでしょうか?

男性とは違いオカズにも女性らしいものがありました。

➀エッチな漫画

BLなどのエロい漫画やノーマルのセックスシーンがある恋愛系の漫画のカットをオカズにするやり方です。

初めてオナニーする女子は漫画をオカズにする人が多い傾向にありました。

家に置いておいても男性のエロい雑誌のように、「いかにもエロ本!」という感じがないのがいいところですね。

少女漫画と変わらないので自室の本棚に置いても怪しまれにくいです。

➁女子向けAV動画

AVは男性が見るものでしたが、最近では女性用のエッチな動画も増えてきました。

美男美女でイチャイチャ系のセックスが多く、女心をくすぐるものばかりですね。

オナニーをするときもキュンキュンしたい人もいるので、オカズとして使っている女子が多いです。

しかも、無料で見れるサイトもあるのでお金がかかることもありません。

➂パートナーとのセックス

パートナーのことが好きで、その時した印象深いセックスをオカズにしている女子もいます。

想像力がある女性なら妄想でオナニーをする人もいるでしょう。

変わったシチュエーションでしたセックスなどを思い出してするオナニーは漫画やAVにはない刺激があるんだとか。

筆者もパートナーとのセックスを思い出してする事がありますが、2人でしかできないセックスなので作り物には敵いませんね。

ほぼ男性と変わらない?

男性もAVやエロ動画を使って抜いたりしますが、彼女やセフレの使用済みの下着をオカズにしてオナニーする人もいるんですよね。

特にパンティに付いたシミや臭いに興奮してオナニーをしてしまうんです。

それだけでなく、アダルトチャットを使って抜く人もいます。

似たところはありますが、女性の方が可愛らしく、男性の方が濃厚な感じがしますね。

オナニーを盛り上げる女子向けラブグッズ

続いてオナニー女子が愛用するおもちゃを紹介します。

男性と違うところはクリトリスを刺激する外イキ膣内と刺激する中イキがありますね。

人によって気持ちいいところ、イキやすいやり方があります。

外イキ派➀ローター・電マ

はじめてオナニーする女子なら、まずローター慣れてきたら電マを使います。

外イキは誰でもすぐイケるので良くやるオナニーの仕方ですね。

電マもクリトリスだけを刺激できる細いものから、陰部全体を刺激できる大きいものまであるので好みに合わせて使えます。

ローターは使い勝手がいいですが、壊れやすいのでいくつか持っておくと安心ですよ。

中イキ派➁ディルド・バイブ

中級になってくるとディルドやバイブを使って中でイクオナニーに変わります。

ポルチオやGスポットの場所が分かるとセックスさながらの気持ちよさを味わえますね。

筆者も最近ではディルドを使ったオナニーを楽しんでいます。

長くセックスレスの人でも男性のアレの感覚を忘れずにいられますし、色んなサイズのおもちゃがあるので選ぶ楽しみもありますね。

アナル派➂アナルビーズ

上級になると、アナル専用のおもちゃでアナルオナニーまでする変態女子までいます。

アナルに棒を入れての刺激に快感を覚え、前と後ろにおもちゃを入れてオナニーをする究極のオナニー女子も存在していますね。

ここまで来ると普通の女性ではびっくりするかもしれませんが、普段パートナーに恥ずかしくてお願いできない性癖をオナニーで満たしている場合もあります。

ただし、アブノーマルなオナニーは、セックスで物足りなさを感じてしまうかもしれませんので程々にしましょ

オナニーの注意事項

女性がオナニーをする時にこれだけは気をつけて欲しいなという事を最後に解説します。

男性と似たところがあるかもしれませんが、これを知らないと後悔するものもありますね。

 

➀生理中は避ける

生理中は絶対避けましょう。

ムラムラして発散したい気持ちはとっても分かります。

生理中は膣内も敏感になっていますし、免疫力も落ちていますね。

そんなところにおもちゃや指を入れるのは非常に危険です。

さらにシーツや布団を汚してしまったり感染症にかかるリスクもありますね。

女の子の日が終わるまでは大人しく体を労わってあげてください。

➁オナニーをやりすぎない

オナニーはやりすぎると後でデメリットになる場合があります。

男性にも共通して言えるのですが、オナニーに慣れてしまうとセックス本番で感じられなくなったりイケなくなってしまうんです。

普段のオナニーの強い刺激、気持ちいい場所をピンポイントで弄るのでパートナーに前戯されても全く気持ち良くないという事態が発生するんですよ。

さらに、外イキで慣れてしまったがために、クリトリスを刺激しないとイケなくなった女性も多くいます。

実際のセックスではクリトリスはそこまで弄らないので、オナニーをする時気持ち弱めにすると本番とのギャップを避けやすいですね。

➂おもちゃは衛生的に

気持ちいいオナニーの後は眠くなったりしませんか?

筆者もオナニーしてスッキリした後はふわふわと眠気に襲われますね。

でも、使い終わったおもちゃをそのままにしておくと細菌が繁殖してしまいます。

洗わずにそのまま使い続けると性病にかかってしまうかもしれません。

実際に、洗わずおもちゃを使った結果性病になったケースもあるので、した後はアルコールなどを使い衛生的にしましょう。

もし、洗うのが面倒というのなら、コンドームをつけてオナニーしてみてください。

終わった後ゴムだけ捨てればいいので洗う手間は省けます。

ただしその分、刺激も弱くなってしまうと思うでよく理解してから始めてみてくださいね。

まとめ

女性のオナニーは男性には普段知ることが出来ない世界だと思います。

性別関係なく自慰行為は行われ、さまざまな体のバランスを保つのに必要な行為だと思いますね。

パートナーと見せ合いでオナニーをするのもセックスのマンネリ化を防ぐのに役立ちますので、タイミングがあったらやってみてもいいかもしれませんね。

関連記事

変態プレイ24種類をジャンル別に紹介!手軽に実践できるものからハードなものまで

変態プレイには手軽なものから、かなりアブノーマルなものまで色々な方法があります。非日常を作りだすことができるので、マンネリ化を防ぐのにも変態プレイはおすすめ!ただ、それには注意点や思いやりも必要であることは頭に入れておきましょう。パートナーとの了承を得て行えば最高で楽しいセックスライフを送ることができ流はずです。そういった点を踏まえて、ぜひ変態プレイに挑戦してみてください。

全裸生活のメリット・デメリットは?1人暮らしに多い『裸族』についてと注意点も紹介

家の中で服を着ずに裸で生活をする裸族(らぞく)。服を着ないことでさまざまなメリットを得られますが、デメリットもあるのできちんと理解しましょう。全裸生活にどのようなメリットやデメリットがあるのかご紹介しています。

あなたのオナニーのやり方、実は間違っているかも?男女別にオナニーのやり方も解説!

男女とも共通で、性欲を解消する手段はオナニーですが、もっと気持ち良くなるための方法を知りたくはありませんか?本記事では、さらに気持ちよくなるためのオナニーのやり方を男女別に紹介します。

バニラセックスとは?パートナーと一味違った快感を♡【BL漫画もご紹介】

「いつも同じプレイばかりでつまらないな...パートナーと一緒に楽しめる何かいい方法はないかな?」 そういった悩みを抱えているあなたに朗報です♪ 今回は、最近カップル間でも流行ってきている「バニラセックス」をご紹介していきます! メリットやデメリット、コツも一緒に解説していきます。

ヤリチンを見抜く方法は?狙われやすい女性の特徴を解説します

ヤリチンはそこら辺のナンパ師より言葉が巧みでどんな女性でも落とせるんです。しかし、そんな遊びの男にハマってしまうと後で大変な事になるかもしれません。今回はヤリチンの見分け方を解説します!こんな男性は危険な人なので、もし思い当たるところがあったら警戒してみてください。