2020/10/13
アダルト

毎日セックスしたいカップルや夫婦に!頻繁なセックスのメリットやデメリットを解説!

カップルや夫婦にとって気になるセックスの頻度ですよね?セックスレスに悩むカップルや夫婦は多いですが、毎日セックスを楽しんでいるカップルや夫婦もいます。

毎日となるとなかなかの頻度になりますが、毎日セックスをするということはお互いの関係が充実しているということだけでなく体や心身の健康にも効果があります。ここでは毎日のセックスがもたらすメリットとデメリットを解説していきます。

毎日セックスしてますか?|まずはセックスにまつわる統計をご紹介

特定のパートナーがいる人の1カ月のセックス回数

恋人や夫婦など特定のパートナーがいる人の1カ月のセックスの回数は全体平均だと2.1回

年代別でみると

  • 20代:4.11回
  • 30代:2.68回
  • 40代:1.77回
  • 50代:1.38回
  • 60代:0.97回

20代が最も多く年齢が上がるにつれ回数は減少していきます。

また、恋人同士の場合1カ月の平均回数が4.1回なのに対し、夫婦だと1.7回と極端に下がることから、結婚するとセックスの回数が減る傾向にあります。ただし、1割に満たない数ですが毎日セックスするカップルがいるのも事実です。

出典:SAGAMI 日本のセックスWEBアンケート

https://sagami-gomu.co.jp/project/nipponnosex/times_sex.html

なぜセックス回数が少ないのか?

セックスの回数が少ない原因は男性女性共に「仕事や家事などが忙しく疲れている」「面倒くさい」という理由が多く、女性に関しては「性欲がない」が理由の上位にあがります。また年齢が上がるにつれ「年齢的にもうセックスはいい」という理由が目立つようになります。

とくに20代30代は仕事や家事、子育てと忙しく、家庭の中に小さな子供がいることからなかなか夫婦の時間が取れず、セックスの回数が減ってしまいます。

また女性の場合は子供を産むと性欲が減少しセックスの誘いを断る傾向があるほかにも「相手がその気になってくれない」という理由は全体で見ても40.3%にもなります。ただし、毎日セックスしたいと思っている人が男性だと40%、女性だと16%という調査結果も。

毎日セックスしているのはどんなカップル?

ズバリ!ラブラブカップル

付き合いたてのラブラブカップルや同棲を始めたばかりのカップルは、少しでも一緒にいたい気持ちが強くなり、何をしても楽しい時期でもあり、お互い無意識に愛情表現やスキンシップが増えることから毎日のようにセックスをする傾向にあります。

とくに付き合いたてのカップルで、どちらかが一人暮らしの場合はセックスがしやすい環境ということもあり自然と頻度が増えやすくなります。この時期のカップルにとって毎日セックスすることはお互いの愛情を確かめ合い、より気持ちを盛り上げるためともいえます。

男性が年下のカップル

セックスレスの原因の一つに男性の性欲があります。男性の性欲のピークは10代で、年齢を重ねるごとに性欲は減るため若いほどセックスに前向きで、女性を誘うようになります。

逆に女性は30歳を過ぎたあたりからホルモンバランスが安定することで精神的にも成熟し、セックスを前向きに楽しむようになります。また男性が年下だとセックス中のギャップや頑張る姿に母系本能をくすぐられる女性が多く、さらに気持ちが盛り上がるのも特徴です。男性が年下で若く、女性が成熟しているほど自然に毎日セックスを楽しむようになります。

身体の相性がバッチリ

身体の相性がいいとセックスは気持ちいいですよね。セックスにおける相性は結構需要で、女性の場合はセックスの相性が悪いと痛みやストレスなどの負担を感じやすく、場合よっては別れの原因にもなるほどです。

相性のいいセックスは気持ちいいだけではなく、負担を感じにくいためストレス発散や気分転換として寝る前の習慣に毎日のセックスを取りいれているカップルも。もちろん相性のいいセックスはお互いの愛情を確かめ合うにもバッチリです。

冒険心や探究心あふれるカップル

毎日セックスをしているカップルは、冒険心や探求心が豊富といえます。セックスの回数が少ないカップルでもお付き合いの期間が長くなるほどマンネリになりがちですが、毎日セックスを楽しむ人ほどお互いに刺激を求めて研究し、アダルトグッズを取り入れたり新しい体位に挑戦するなど、より気持ちのいいセックスを求める傾向にあります。

性欲が旺盛なセックス大好きカップル

どちらかがセックスに抵抗感があると回数が少なくなりがちですが、お互いにセックスが好きだと自然とセックスの回数は増えます。どちらもセックスが好きであれば我慢する必要がなく、自然と習慣化しやすいことから毎日セックスするカップルは多いです。

毎日セックスするメリット

男性は生殖能力がアップする

男性の生殖器は10日以上セックスをしない状態が続くと精子の質が低下するという調査結果があります。最低でも3日~5日に一度など定期的にセックスをすることは生殖機能をUPするのに効果的です。また毎日セックスすることで前立腺がんの予防にもなり、毎日セックスする人はセックスレスの人に比べてリスクが33%も低くなります。

女性は生理が安定する

セックスには女性の子宮を収縮させ、子宮の緊張をほぐし生理痛をやわらげる効果があります。

子宮が収縮することで、不要な組織や経血などが外に排出されることから、セックスの回数が多いほど生理が早く終わりやすくなります。
またセックスにはホルモンのバランスを整える効果があることから、毎日のセックスはPMSの予防や生理痛予防といったメリットが多いのです。

免疫力がアップする

風邪やインフルエンザから体を守ってくれる抗体「免疫ブロブリンA」は、セックスの頻度が多い人ほど体の中の抗体が多く、免疫力が高いとされています。

とくにセックスの頻度が多い人はそうでない人と比べると約30%も多いとの研究結果があることから、毎日のセックスは免疫力アップに効果的というメリットがあります。

アンチエイジング

若返りホルモンとして注目されているDHEAは別名マザーホルモンとも呼ばれ、あらゆるホルモンの源とされますが、20代をピークに40代では約半分になってしまいます。しかし、DHEAはセックスをすることで多く分泌され、セックス後は約5倍にまで上昇するとされています。

またセックスすることで血行が良くなり代謝があがることから、毎日セックスしている人ほど肌や髪の艶があり、セックスレスの人比べると7~12歳も若く見えるということもあります。

ワークアウトとして体にも自信がもてる

毎日セックスをする人ほどスリムで若々しく体をしている人が多いのが特徴です。実は一度のセックスで消費されるカロリーは平均でジョギング30分相当とされるほか、セックスをすると腹筋や背中、太ももが同時に鍛えられ引き締まった体を自然と手に入れることが出来ます。

とくに普段から運動をしない人は急に運動を始めると疲れたり、体力の消耗が激しく翌日の仕事などに支障が出ることもあり億劫に感じがちですがセックスなら普段のワークアウトとして取り入れやすいですよね。毎日セックスをするということは毎日運動していることになもなるのです。

ストレス解消

セックスをする頻度が多い人はストレスを溜めにくいとされています。それはセックス中に出るホルモンには不安やうつを防いでくれる効果があり、とくにオーガズムに達するとその量は増加するとされています。そのため、毎日セックスしている人ほどストレスに強く、ストレスのかかる状況においてもうまく対応することができるとされています。

よく眠れる

セックスをするとオキシトシンやプロラクチンといったホルモンが分泌量が増えます。とくにオキシトシンはオーガズムに達すると分泌量が増えることから、セックス後はぐっすり眠れる人が多いのです。そのため毎日セックスするということは不眠症予防にも効果的といえます。

毎日セックスするデメリット

疲れが抜けにくくなる

セックスをすると運動をしているのと同じだけ体力を消耗するため、毎日のセックスで疲れが取れずに仕事や生活に支障が出ることもあります。とくに疲れが酷い、体調が悪い時は症状が悪化することも考えられますので注意が必要です。その為、毎日セックスをするにはしっかりとバランスの取れた食生活や健康状態を整えることが大切です。

妊娠のリスクが高くなる

毎日セックスをするということはそれだけ妊娠の可能性が高くなります。「今日は安全日だから」「避妊してるから」と思っていても絶対ではありません。

妊娠を希望している夫婦ならいいですが、付き合いたてのカップルや子供を考えていない場合など、妊娠の可能性を考えずに毎日セックスすることで妊娠し、やむを得ず堕胎をすることになった場合はとくに女性側のリスクが高くなってしまいます。そのため毎日セックスすることで妊娠の可能性もあることをお互いに考える必要があります。

パターン化するとマンネリになる

毎日セックスすると、毎回同じようなセックスのパターンだとマンネリ化してしまいます。マンネリになると毎日のセックスが義務に感じたり、苦痛に感じることもあるため、マンネリ化しないようセックスの質を上げ、いつもと違うパターンを試すなど工夫が必要です。

セックスで愛情を感じにくくなる

毎日セックスしていると簡単に済まそうとする「片方だけが求めすぎる」「お互い義務感で行為を行う」「相手を思いあう気持ちが薄くなる」などして、愛情や楽しさを感じられなくなることがあります。

そうなると「性欲を発散したいだけなのかも」という気持ちが生まれることになり、最悪分かれてしまう可能性もあります。
もちろん毎日セックスすることはいいことですから、お互いを思いやる気持ちを大切にすれば絆もより深まります。

毎日気持ちいいセックスをするためのポイント

精力のつく食事を摂る

毎日セックスを行うためには健康的な体が欠かせません。とくに食生活は体を作るうえで大切になるため、普段からバランスの取れた食生活を心がける必要があります。お肉やブロッコリー、ニンニクなど精につく食材を食事に取り入れたり、一緒に料理を作ればより愛情も深まります。また、食事で上手くバランスが取れない時などはサプリメントの摂取も効果的です。

下着に気を遣う

セックスをする上で欠かせないスパイスになるのが下着です。セクシーな下着や可愛い下着は自分や相手の気持ちを高める効果があります。とくに下着は好みがありますので、相手の好みを把握しておくことは毎日セックスをするうえでの雰囲気づくりにも効果的です。

セクシーな体を保つ

男性も女性も毎日セックスをするうえでセクシーな体を保つことは大切なことです。とくに滑らかな肌や引き締まった体は男性女性関係なく触れたくなります。毎日のケアや運動でセクシーな体を保つようにしましょう。

とくに女性は毛の処理や肌の乾燥に気をつけ、自分や相手の好みの香りのクリームなどを使用してケアするとより効果的です。

環境を整える

セックスをするためには部屋の環境づくりが大切になります。とくに毎日セックスをするとなると気になるのが「喘ぎ声」です。
音が外に漏れやすい環境だと、お互い気にして声を我慢するなど負担が大きくなりセックスに消極的になってしまいます。また、セックス中は裸になりますので、温度差のある部屋だと暑くて汗でベタベタしたり、寒さで風邪を引くなどデメリットもあります。

他にも清潔感のない部屋だとお互い気持ちが上がりにくくなる為、毎日セックスするのであれば部屋の環境をしっかり整えましょう。

アイテムや体位で冒険してみる

お互いセックスが好きで、毎日セックスをしていたとしてもマンネリ化してしまうことはあります。マンネリ防止の為にも定期的にアイテムを使う、体位を変えるのは効果的です。

とくにアダルトグッズなどは以前と比べると手ごろな価格からあり、入手も簡単になりました。いつもと違うセックスを楽しむ為の探求心や冒険心を持つことは非常に重要ですので、セックスを楽しむためにぜひ取り入れてみてください。

まとめ


毎日セックスすることは愛情を確かめる以外にも健康や精神面でも様々なメリットがあります。ただし、メリットばかりではなくデメリットもあるのがセックスです。どちらもしっかりと理解したうえでセックスすることが大切になります。

また、毎日セックスをしないといけないという訳でもないので、お互いの生活や環境に合った回数で、ぜひセックスを楽しんでくださいね。

関連記事

都内屈指のラブホテル街|鶯谷エリアのラブホおすすめ10選を紹介

鶯谷と聞いたら「ラブホテル」と真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか?男女の情事以外に行く理由がないと思う方も多いはず。付き合って日の浅いカップルが降りる駅としては少々ハードルが高いようにも感じます。
しかし、そんなラブホがひしめき合う鶯谷だからこそ、競争率の高さから素敵なラブホテルがたくさん。数ある鶯谷のラブホテルのおすすめ10選をご紹介します。

姉活って何?ママ活と姉活の違い|向いている男性と姉活している女性の特徴を解説

「パパ活」から派生した「ママ活」や「姉活」。実際「ママ活」と「姉活」にどんな違いがあるのか気になりますよね。どちらも男性が女性に奉仕することに対し、女性が男性に対して援助をすることですが、少し意味が違います。姉活に向いている男性はどんな人なのでしょうか。また、姉活している女性にはどんな特徴があるのでしょうか。もしかしたら、あなたにも姉活の素質があるかもしれませんよ。

「拘束プレイ」初心者でも取り入れやすいSMの魅力|縛り方や道具・注意点を紹介

「拘束プレイ」というとノーマルなセックスとは違って、特殊な性癖の人がするものだと思う方もいるかもしれません。人間の心理として、少なからず持っているのが「相手を支配したい」「独り占めしたい」というような独占欲。その欲を満たしてくれる「拘束プレイ」はSMプレイをしたことのない人でも気軽に取り入れやすく、刺激的なセックスをすることができるのです。拘束プレイとはどういったものなのか、ご紹介いたします。

濡れやすい女性の特徴は?どんなときに濡れてしまう?男性の本音もご紹介!

セックスをしているわけでもないのにアソコが濡れてしまう。こんな症状私だけ?!と思うかもしれませんが、ふとした瞬間に濡れてしまう女性は意外と多いもの。そこで今回は濡れやすい女性の特徴を始め、濡れやすい女性に対するメンズの本音などを一挙にまとめてご紹介します。

幸せ感じる「朝からセックス」寝起きエッチの誘い方とメリットを紹介

セックスは夜するものと決めつけていませんか?
寝起きのまどろみから始まる「朝からセックス」は夜のセックスよりも幸せを感じられ、男性にも女性にも嬉しいメリットが。
ここでは、幸せ感じる「朝からセックス」の誘い方とメリットをご紹介します。