2020/09/23
マッチングアプリ

【2019年最新】with男女の年齢層を調べてみたら意外な結果に?

withで素敵な方と出会いたいと考えるあなたのために、withの年齢層についてどこよりも細かく徹底的にマニアックに調べ上げました。withの年齢層を調査している記事は多数ありますが、算出方法を間違っていたり、年齢の幅をかなり広く取っていたりと、正確ではないものが多く見られます。

この記事は、どの記事よりも正確かつ詳細にwithの年齢層を解説したい、という趣旨で書きました。最後までご覧になることで、他の記事では絶対に得られないwithの年齢層についての知識を得られ、利用に役立てることができます。

男女における全体の会員数は?

withのユーザー総数は、981,832人です(2019年2月2日時点)。内訳は、男性が640,622人、女性が341,210人。

この数値だけを見ると、女性ユーザー数は男性ユーザー数の約半分であるということがわかります。したがって、他のマッチングアプリ同様、男性が女性を取り合う状況であり、男性に比べて女性が有利なマッチングアプリである、ということが言えるでしょう。

男性会員の内訳とその特徴


男性の年齢層は、圧倒的に20代が多いです。24歳がピークで、25歳以降から急激にユーザー数が減少しています。しかし、その後の減少は、50代までゆるやかです。20代以外は、ある程度まんべんなく、一定の数のユーザーが存在しているということでしょう。

男性会員の年齢層

男性会員でもっとも多い年齢層は24歳です。その数は、50,877人。その次に多いのは25歳、23歳と、withのボリューム年齢層は20代前半であることがわかります。

一般的に24歳とは、社会人2年目もしくは3年目であることが多いです。また、24歳前後は、徐々に周りで結婚する人たちが増えてくる年齢でもあります。24歳前後が他の年齢層に比べて圧倒的に多いのは、それが理由でしょう。

なぜ24歳が多いのか?

男性会員の年齢層に24歳が多い理由は、学生の頃から付き合っていた彼女と別れやすい年齢だからです。

多くの学生カップルは、付き合い始めるにあたって、相手が結婚相手にふさわしいかどうかはほとんど考えません。なぜなら年齢層的には結婚と程遠く、また実際に結婚している方も周りには少ないからです。

社会人2年目、3年目になって将来や結婚について意識し始めても、学生のうちに付き合った相手とは考え方や意見が合わないことが多いため、『別れる』という結論を出しやすいのです。

女性会員の内訳とその特徴

女性の年齢層も男性同様、圧倒的に20代が多いです。こちらも24歳がピークですが、ユーザー数の減少はそれほど急ではありません。しかしいっぽうで、40代以降は登録者が急激に減少します。50代にもなれば、会員自体ほとんど存在しません。

女性会員の年齢層

女性会員でもっとも多い年齢層も、男性会員と同じく24歳で、その数は30,019人です。24歳が多い理由は、男性と同じでしょう。

ただし、男性会員の年齢層と著しく違う点があります。それは、男性会員の年齢層は24歳の登録者が突出していることに対して、女性会員の年齢層はそうでもないという点です。

また男性は、25歳を過ぎると急激に会員が減少します。いっぽうで女性は、そこまで顕著に減少しないという特徴もあります。

男女の会員数を比較

男女ともに共通しているのは、メインユーザーの年齢層が20代ということです。したがってwithは、20代が同じ年齢層の異性と出会うにはうってつけのマッチングアプリであるといえるでしょう。

男女の比較資料からわかること!

男女の年齢層を比較したところ、以下の点が明らかになりました。

・20代の男女比率は5:3
・女性会員は40歳以降激減

まず、20代の男女比率は5:3で、マッチングアプリとしてはちょうどいい具合の割合であるとわかりました。総数で比較してみると、女性は男性の半分近くしか登録していないかのように思えます。

しかし、メインの年齢層である20代に焦点を絞れば、男女の比率はそれほど悪くはありません。とはいえ、女性のほうが数が少ないのは事実ですので、男性は選ばれる努力をする必要があります。

次に、女性会員は40歳以降になると激減します。男女比率は3:1となるため、男性は厳しい状況を余儀なくされるでしょう。もっともこれは、withに限った話ではなく、一般的に未婚の女性よりも未婚の男性のほうが、圧倒的に多いのです。

ただし、withのメイン年齢層は20代。もし40代で利用を検討している方がいらっしゃるなら、他のマッチングアプリを中心に婚活を行ったほうが効果的でしょう。

「会員数=withで活動している人数」とはいえない。

ここで注意したいのが、「会員数=withで活動している人数ではない」ということです。その理由は、withに登録する方のほとんどは恋活が目的ですが、中にはそうではない方も存在するからです。

withは、男女ともに基本的には無料で使うことができます。DaiGoの性格診断や相性診断を楽しむためだけに登録したという方もいれば、有料会員にならなければ女性とメッセージができないということに気付いてそのまま放置している男性もいます。

したがって、単純に会員数で異性の数を判断するのは正しくありません。単純なユーザーの総数よりも、『実際に使っている』ユーザーの数のほうがはるかに大事なのです。

アクティブユーザーを抽出してみた!

上記で、『単純なユーザーの総数よりも、「実際に使っている」ユーザーの数のほうがはるかに大事』と書きました。それでは、withには、『実際に使っているユーザー』はどのくらい存在するのでしょうか

アクティブユーザーとは?

アクティブユーザーとは、withの利用頻度が高いユーザーのことです。ここでは、最終ログインが『3日以内』のユーザーをアクティブユーザーと定義します。

3日以内とは、『直近の3日間に1度ログインしている』ということです。言い換えれば、『4日以上withから離れていない』ということでもあります。

もし真剣にwithを利用しているのであれば、マッチングしてやりとりしている異性もいるでしょうから、4日以上離れることはめったにないと考えられます。したがってここでは、『3日以内』をアクティブユーザーと定義します。

最終ログインの人数を算出時の注意点

ユーザー数の総数を誤って算出している記事をよく見かけます。以下のグラフは、withに登録している24歳の最終ログインをまとめたものです。

よく見かけるのが、②から⑨をすべて足した数値を、全体のユーザー数としている記事です。しかし、これは誤りです。なぜなら全体数とは、正しくは②と③の総数だからです。

③には、④~⑨のユーザー数も含まれています。⑨から順に考えていけば分かりやすいでしょう。withにログインした状態であれば、最終ログインは『オンライン』となります。withを1日使用しなければ、『24時間以内』となります。3日使用しなければ、『3日以内』となります。

24時間も3日も、期間は違っても、大まかなくくりでは『3ヶ月以内』です。グラフに表すと、以下のような形になります。

このように、全体ユーザーは、『3ヶ月以上』と『3ヶ月以内』の合計に過ぎません。今回アクティブユーザーを抽出するにあたっては、3ヶ月以内の『3日以内』から内側のゾーンを利用します。

男女のアクティブユーザーの割合は次の通り!

ここからは、男女のアクティブユーザーを、グラフを用いて説明していきます。結論として、アクティブユーザーは女性のほうが多いということがわかりました。詳細は以下をご覧ください。

男性の最終ログイン別状況

男性の最終ログイン状況は、このような形になっています。アクティブユーザーである『3日未満』の数は約14%と、少ない数値です。

この理由は、男性が女性と出会うためには有料会員にならなければならないからでしょう。withをインストールして登録したはいいものの、有料会員にならなければメッセージの交換ができないということを知り、そのまま放置してしまった方が多いと推測されます。

また、有料会員になったはいいものの、すぐに自動更新を止め、無料会員に戻したまま放置している方も多いのでしょう。

withの有料会員は、1ヶ月プランであれば3,900円(クレジット決済で3,400円)ですが、これはwithのメイン年齢層である社会人2年目~3年目の男性にとって、けして安い金額ではありません。継続していくだけの資金力がなく、無料会員で放置している方が多いと思われます。

女性の最終ログイン別状況

女性の最終ログイン状況は、このような形になっています。アクティブユーザーである『3日未満』の数は約23%と、男性よりもはるかに高い数値です。

女性は完全に無料でwithを利用することができるため、アクティブユーザーが男性よりも多いのでしょう。したがって、withを頻繁に利用しているのは女性のほうが圧倒的に多いということになります。

withのメイン年齢層は20代です。20代の男女比率は5:3である、と前述しましたが、アクティブユーザーの男女比率が2:3であるということを考えれば、男女半分ずつが実際に活動しているユーザーである、と言えます。

したがって、けして男性が不利で女性が有利なマッチングアプリというわけではなく、むしろ男女ともに出会いやすいマッチングアプリであると考えられるでしょう。

withの年齢層は20台半ばが多い!

withの年齢層は、20代半ばがほとんどです。20代ユーザーの総数だけを見てみれば、女性を男性が取り合っているように思いますが、実際は、男女ともにちょうどいいバランスで利用されていることがわかりました。

withで素敵な方と出会うには、アクティブに利用することが大切です。アクティブに利用すれば、『ログイン順』で上位に表示されるので異性から『いいね!』をもらう確率が上がります。

withは、自分に相性の良い人がかならず見つかるマッチングアプリ。アクティブに使って、素敵な相手を見つけてくださいね。

関連記事

withで出会えないと嘆く諸君に告ぐ!出会えない要因を徹底分析!

withで出会えないと嘆く男性の中には、上手に活用できていない人やマッチング方法間違っている人も少なくありません。withでの出会いをグッと引き寄せるために、出会えない要因と対処法を解説します。

withのポイントはかなり重要だった?無料で増やして有効活用する方法!

心理学と統計学にもとづいたマッチングアプリwith。マッチングに必要な「いいね」ですが、「すぐに無くなる」「足りない」と感じたことはありませんか?「いいね」が少ないと感じている人に向けて、「いいね」に使えるポイントの貯め方を紹介します!

withの口コミや評判を紹介!利用をおすすめ出来る人・出来ない人とは?

withは人気著名人が監修を務める、女性に人気の高い恋活・婚活アプリです。そんなwithには、SNSなどで様々な口コミや評判が飛び交っています。実際どんな人に向いているのでしょうか?withの口コミや評判を元に、自分は利用するメリットがあるのかどうかを探ってみましょう。

with完全攻略版|短期間でサクッといいね!をもらい1ヶ月利用で恋人を作る!

「長期契約の方がお得だから!」「短期間で恋人が作れるか不安…」という理由で、長期契約していませんか?withは断然、短期集中の方が恋人をゲットできます!1カ月で勝負する理由や、攻略法を紹介します。

タップル誕生の「いいかも!」の男女別平均数は?「いいかも!」を増やす6つのコツを紹介

タップル誕生を利用していて、「他の人はどのくらいのいいかも!をもらっているんだろう」と、疑問に思ったことはありませんか? 本記事では「いいかも!」の男女別平均獲得数と「いいかも!」増やす6つのコツをご紹介するのでぜひ参考にしてみてください!