2018/12/12
恋愛ノウハウ

婚活から結婚を意識する決め手とは?結婚へ進むための決め手を男女別にご紹介!

世の中には、婚活でめでたく結婚が決まり、幸せな家庭を築いている人がいます。
婚活の場は、自由恋愛と違ってすでに結婚したい人の集まりです。

そのため、より現実的な目で相手を見極めている人が多いでしょう。
そこで気になるのが、婚活で結婚した人は、何が決め手で結婚へ進んだのかどうかです。

婚活で結婚を意識する決め手に悩んでいませんか?

結婚適齢期を迎え、婚活を始めた人もいるかと思います。
しかし、なかなか結婚を意識する決め手というものがないのではないでしょうか?

また、結婚の決め手がどんなものなのか分からない人もいるかもしれません。
まずは、婚活での決め手を理解する前に、自分が婚活にどんな気持ちで取り組んでいるかも考えてみる必要があるでしょう。

婚活で結婚の決め手が分からない人の特徴とは?

婚活で結婚の決め手が分からないという人は、どんな特徴があるのでしょうか?
以下の解説をもとに、自分が当てはまっていないか考えてみましょう。

デートで2回目まで進展しない

婚活をするにあたりデートをする機会が多いと思いますが、結婚の決め手が分からない人は、なかなか相手の良いところを見つけられず、2回目のデートまでいかない傾向があります。
確かに初デートは楽しかったけど、また会いたいと思えなかったり、翌朝以降になってもあまり余韻がなかったり。

少しでも会いたいと思う気持ちがあるなら、2回目のデートをしようと行動に起こすはずです。
つまり、自分から見て「相手との結婚の決め手となる何かがなかった」ということでしょう。

相手への理想が高すぎる

結婚相手に求める理想がもともと高すぎる人は、婚活の相手に対して結婚の決め手となるものをなかなか見いだせません。
つまり、自分で結婚の決め手や可能性の幅を狭めてしまっているということです。

そのため、どんなに出会いを求めても、ピンとくる相手に巡り合うことは難しいでしょう。
これは男女どちらにもいえる事で、このような人は態度からして相手を見下しているように見られているかもしれません。

当然、このような態度の人を好む異性はあまりいないため、結婚相手としても見てもらえないでしょう。

結婚生活の理想が現代的ではない

例えば、結婚生活の理想が自分の両親であったり、現代社会とは少しかけ離れた夫婦関係を希望する人も、なかなか結婚を意識する決め手が分からない可能性が高いです。
特に一昔前より今は景気が悪く、専業主婦という家庭はかなり少なくなってきているでしょう。

子供に関しても、「自分は複数の2〜3人の兄弟に囲まれて育ったから、自分も2〜3人産むのが普通だ」という考えの人も同様です。

ほかにいい人がいるのではないかと思っている

相手のことを「いいな」と思ったとしても、結婚を意識する決め手が分からなければ、この人よりいい人がほかにいるのではないかと思ってしまいます。
特に完璧主義な人は、よりこのような考え方になってしまう傾向があるでしょう。

婚活で結婚の決め手に欠ける男性の原因【女性目線】

婚活の場では、相手から見てあなたに結婚の決め手がなければ、結局結婚の対象外になってしまうでしょう。
そこにはやはり原因があるようです。

まずは、婚活で結婚の決め手に欠けている男性の原因をご紹介していきます。

単純に相性が悪いと思われている

女性は、結婚したいと思えるかを決める際、やはり相手の男性のと相性を重視しています。
相性が悪いかどうかは、その女性の好みにもよるかもしれません。

なんとなく「この人とは合わないな」と思われてしまうと、そこで結婚対象から外れてしまうでしょう。
女性から見てどれだけ短所があるかどうかです。

年収などのスペックで判断されている

男性の結婚の決め手に欠ける原因で多いとされているのが、年収などのスペックです。
これも相手の女性がどれほど許容範囲が広いかによるでしょう。

どんなに性格が良くていい人だと思われていたとしても、やはり今後の結婚生活を考えると、年収などのスペックはかなり重要になってきます。
結婚すると、その後は妊娠、出産、子供の教育費と、様々なシーンがあり、特に金銭面では不安を抱えている女性が多いでしょう。

そのため、年収が女性の理想より下回っていたり、相手の女性より低い場合は、結婚対象外となる確率が非常に高いです。

女性に対して上から目線

男性の女性に対する上から目線の態度も、女性からすると結婚の決め手に欠ける原因の一つです。
例えば、男性が女性に対して明らかに自分より下に見ているのであれば、それは自然と態度にも表れてしまうものでしょう。

女性は結婚相手を決める際、その男性と結婚するとどんな生活を送ることになるかを、なんとなくイメージします。
将来、一緒に暮らしている姿を全く想像できない人も結婚対象から外れてしまうかもしれませんが、これが「上から目線の男性」ともなるとなおさらです。

むしろ、亭主関白で妻に対して思いやりのない様子を安易に想像してしまう可能性が高いです。
特に自分を過信している男性は、女性をなんとなく上から目線で見ている傾向がありますので、気をつけましょう。

性格が暗い

もともと根暗な性格の人も、婚活女性の結婚の決め手に欠ける原因の一つです。
性格が暗いと、自信がなさげで声も小さくなりがちですし、女性からするとどことなく頼りなく見えるでしょう。

自信ありすぎで女性に対して上から目線も問題ですが、逆に自信が無さすぎるのも、女性からすれば結婚対象外になる可能性が高いです。
もともとの性格を変えるのは難しいかもしれませんが、婚活で成功するのであれば、変わる努力が必要になります。

婚活で結婚の決め手に欠ける女性の原因【男性目線】

ここからは、婚活で結婚の決め手に欠ける女性の原因をご紹介します。
結婚に向けてプロポーズをするのは男性からだと一般的には言われていますが、このプロポーズまで進むための足かせになっているのが、「結婚の決め手に欠ける原因」といえるでしょう。

家事ができない

男性は、結婚相手の女性に家庭的な部分を求めているものです。
特に家事ができない女性ともなると、それはマイナスポイントになるでしょう。

共働きが当たり前になっている現代ですが、いまだに結婚するとなんとなく家事は女性がするものだと思っている男性は多くいます。
「料理だけ少し苦手だけどそのほかはできる」など、生活に支障のない程度なら少しの努力でなんとかできるかもしれません。

しかし、家事全般的にできないとなると、真っ先に結婚対象外となってしまう可能性があるでしょう。
そのため、努力をして一通りこなせるようにならなければいけません。

妥協したくないと思っているから

「結婚するのだから、絶対妥協したくない!」という考えの女性も、結婚の決め手に欠ける原因となっているでしょう。

相手を見極めることは確かに大事です。
しかしあれもこれもダメと言っていると、婚活男性はあなたと結婚したいという決め手が見いだせずに離れていってしまうでしょう。

自分の意見がない

自分の意見がなく、なんでも相手の男性に委ねてしまう女性も、結婚の決め手に欠けるといわれます。

確かに男性を立てるために、女性が男性を頼ることはいいことです。
しかし、全てに対して男性に頼りっぱなしだと、「自分の意見がないから、何を考えているのか分からない」と思われてしまうでしょう。

そうなると、結婚生活でも自己主張がなくて「何もかも自分がリードしなければならないのか?」と、男性が負担に感じてしまうかもしれません。

見た目がタイプではない

男性はやはり、内面だけでなく見た目で女性を判断する傾向があります。
そのような理由から、一目惚れして結婚するということも、少なくないでしょう。

内面を知る前に、男性は女性の第一印象、すなわち見た目をまずチェックします。
そこでタイプではないと判断されると、結婚対象としても見てもらえないでしょう。

しかし、これはその婚活男性のタイプではなかったというだけですので、ほかの男性から見れば魅力的だと思ってもらえる可能性は十分にあります。

男性が婚活で結婚を意識する決め手

ここからは、婚活で男性が結婚を意識し始める決め手となる項目をご紹介していきます。
簡単にいうと、婚活の決め手に欠ける原因とは真逆の項目になりますが、男性目線の様々な細かい部分がありますので、ぜひ参考にしてみましょう。

婚活市場の現実に気づいた

最近では、SNSが普及したことにより、年齢や容姿も関係なく、匿名で様々な人と繋がれるようになっています。
そのことから、自分は他人よりも優れていると過大評価するようになる男性もいるようです。

そこで、実際婚活市場で現実と向き合うことになったときに、自分の価値に気づいて、より結婚を意識し始めるということもあるのです。
そのことに気づけた男性は、むやみに理想の女性を追い求めるのではなく、現実的に考えられるようになれるでしょう。

自分に劣等感を感じさせない女性

男性に限らないことですが、人は自分の劣等感をむやみに刺激されると傷つきます。

特に結婚をすると、夫婦で喧嘩することもあります。
結婚する前から、男性の失敗に対して許すことができずに、劣等感を突くようことを繰り返す女性は、男性から敬遠されてしまうでしょう。

反対に、寛容で劣等感を感じさせないような女性にそばにいて欲しいと、男性は思います。
このような女性と出会い、そこで彼女との結婚生活を想像することで、男性はより結婚を意識し始めるのです。

女性らしさと安心感があるから

男性も女性も、結婚生活には安心感を求めています。
結婚を意識する決め手のなかでも、特に多いといえるでしょう。

例えば、男性をうまく立ててくれる女性らしさと、早く帰りたくなるようなホッとする家庭。
相手の女性との結婚生活を思い描いたときにこの2つが揃っていれば、男性はより結婚を意識し始めるでしょう。

見た目が好きだったから

婚活で結婚の決め手に欠ける原因でも解説した通り、男性の場合は結構女性の外見も重視しています。
将来の奥さんが誰もが羨むくらい綺麗だと、それだけで男性にとってはステータスになるからです。

見た目が好きだったからという理由は、一目惚れといってもいいでしょう。
この直感を大事にしている人は多いようです。

自分の趣味を尊重してくれた

趣味といっても様々ありますが、男性は女性が自分の趣味に文句も言わず、逆に一緒に楽しんでくれたり、尊重してくれると、より結婚を意識します。

結婚するということは、趣味を持つ旦那に対しても寛容でなければいけません。
また、共通の趣味を楽しめる女性も、結婚対象としての決め手となるようです。

女性が相手を結婚対象に考える決め手

男性は、女性らしさや安心感、外見を結婚相手の決め手としているようですが、一方で女性側はどのようなことを重視しているのでしょうか?
女性ならではの内容になっていますので、男性は必見です。

責任感があって安心できる

女性のなかには、男性に頼りたいという気持ちを持っている人が多数います。
そんなときに頼れる男性は、やはり責任感がある人でしょう。

仕事でしっかり自分の役割を果たし、もし何かしらトラブルがあっても、ほかの人に責任転嫁せず責任のある行動がとれる人です。
特にこの責任感は、結婚して大黒柱になり家庭を築いていくうえで、とても重要なことです。

この項目を難なくクリアーできれば、女性はこの人とならやっていけそうと思ってくれるでしょう。

経済的に不安がない

結婚相手を選ぶうえで、女性が特に気にすることが経済面です。
経済的不安を少しでも抱いてしまうと、すぐに結婚対象外となってしまうでしょう。

特に婚活をしている女性は、より現実的な視点で相手を見極めています。
経済的に不安がある状態で実際結婚したとしても、お金のことで喧嘩することが多くなり、精神的にもボロボロになってしまうからです。

「好きか」ではなく「嫌いではないか」を重視

婚活でより現実的な考えを持ち始めた女性は、ある程度相手を妥協して選ぶこともあります。
つまり、「相手を100%好きか」ではなく、「嫌いではないか」が決め手となっているということです。

男性も女性も、100%理想の相手に出会える確率はかなり低いでしょう。

特に婚活の場では、
「〇〇さん、いい人なんだけど、ここがちょっと…」
という場合も多々あるかもしれません。

そこで、妥協したくないと思うのか、妥協して相手の良いところをきちんと尊重するのかはその女性次第です。

女性の結婚したいと思う決め手に、このような項目も含まれているということは、覚えておきましょう。
短所があったからといって、婚活女性全員から相手にされないなんてことはありません。

考え方などが尊敬できる

女性は、「この人の考え方は好き」、「尊敬できる」と思わせてくれる男性と、生涯共に生きたいと願うものです。

結婚生活でもちょっと困ったことがあると、そこで自分が考えもしなかった解決策を出して助けてくれるなど。
そんな男性と一緒にいる自分はとても幸せそうで、明るい未来を想像できるからでしょう。

結婚するということは、様々な困難も家族と一緒に乗り越えていかなければなりません。
そこでリードしてくれる、頼りになるパートナーがいると女性は安心できるため、相手のことを尊敬できるかは結婚の大きな決め手となるのです。

男女がどちらも結婚を意識する決め手

男性と女性、それぞれが重視する結婚の決め手がありましたが、男女どちらも結婚を意識する決め手も数多くありました。
これは、生涯共に生きるパートナーを決めるうえでは非常に重要です。

自分より相手を優先してくれる

結婚する相手の決め手で多かったのは、相手が自分に対して思いやりがあるかどうかです。
思いやりにも様々な表現がありますが、特に自分のことよりも相手のことを優先してくれる場面が、より思いやりを感じることでしょう。

例えば、男性であればデートで女性の行きたい場所を優先したり、女性は男性に尽くしたり。
言葉だけでなく、態度でも思いやりが十分分かれば、それだけで結婚してもいいと思ってしまうものです。

一緒にいると居心地がいい

男女問わず、一緒にいるだけで居心地がよく安心する相手と結婚したいと思うものです。
恋人同士のときは、駆け引きなどドキドキときめいているのが良かったりしますが、結婚するとなると、男女どちらも安心感を求めます。

安定した収入ももちろんですが、一緒にいて安心できるということは、結婚生活でもっとも大事だと思っている人が多いようです。

直感でこの人がいいと思った

意外かもしれませんが、案外結婚相手の決め手として直感が重要なときもあります。
婚活で初デートのときの相手の態度や、婚活パーティーで初めて会った際の第一印象が自分にとってどストライクだったりすると、「自分の結婚相手はこの人だ!」と直感が働くこともあるのです。

反対に、いい直感だけでなく、自分にとってマイナスな直感も信じてみるのもよいです。
例えば、「〇〇さんはなんかちがう」、「この人と結婚して幸せになれる気がしない」というものも直感です。

直感は本能的に出るものなので、気持ちでどうこうできるものではありませんが、結婚相手の決め手としては有効かもしれません。

相手との結婚生活がしっかり想像できた

相手との幸せな結婚生活を思い描くことができたとき、その人と結婚したいと思うものです。
やはり、婚活の場で相手を決めるとなれば、結婚生活をしっかり想像できない相手は不安要素になってしまうでしょう。

「〇〇さんが今後自分の人生にいたらどれだけ楽しいだろう」、「この人がいない人生なんて嫌だ」と思える相手であれば、それは結婚の決め手として十分です。

価値観が合う

男女ともに、結婚相手の決め手として重視しているのが、価値観が合うかです。
他人なので、多少の価値観の違いは生じてしまうかもしれませんが、あまりに価値観の相違が感じられる場合は、結婚生活でモメることが多いでしょう。

結婚後の生活の理想や人生観、子どもについてなど、価値観に食い違いが多くないかをしっかり見極めておくことが重要です。
価値観がほとんど似ているのであれば、価値観の違いで喧嘩が増えたり、トラブルになる心配も少なくなるでしょう。

自分を大切にしてくれている

価値観同様、重要視されている結婚の決め手は、相手が自分を大切にしてくれているかどうかです。
特に、上から目線で自分を支配したがる相手や、愛情を感じられない相手とは、結婚しても不満だらけで幸せとはいえないでしょう。

結婚前でもこの部分は十分見極められますので、どれくらい相手からの愛情を感じるかどうかは、チェックしておくのが重要です。

金銭感覚が合う

こちらは価値観の違いとも似ていますが、結婚生活を送るうえで金銭感覚はかなり重要です。
ここで食い違いが起こるとモメることも増えますし、最悪の場合離婚の原因となるでしょう。

この金銭感覚が合うかどうかは、ご紹介した項目なかでも、重要視されている結婚相手の決め手です。

婚活では将来のことを見据えて結婚を決めよう

婚活で結婚相手を決めるのに悩む人は、一度直感も頼ってみるのもおすすめです。
直感で相手との幸せが未来が描けないのであれば、それはあなたの結婚相手としてふさわしくないからです。

それでも分からない場合は、ご紹介してきた結婚相手の決め手を参考にして、将来本当に一緒にいたいと思える相手かどうかをよく考えましょう。

関連記事

婚活は売れ残り同士の出会いって本当?|売れ残る理由と特徴とは?

婚活とは結婚をしたい人が集まる場ですが、一方で婚活は、売れ残り同士の出会いだとも言われています。それは、その人のこれまでの生き方や環境なども関係しているようです。この記事では、婚活が本当に売れ残り同士の出会いなのかと、売れ残る理由や特徴をまとめました。

旅行しながら婚活ができる「婚活バスツアー」で楽しい出会いと思い出を!

旅行も婚活も一度に楽しめてしまうバスツアー婚活。行きたいツアーを見つけたらあとは参加するだけのお手軽さは本当に魅力的ですよね!パーティーのように堅苦しくもない婚活バスツアーをまずはネットで要チェック!友人と行っても楽しめてしまいますよ!

若い年齢で婚活をするメリット・デメリットを公開!早めの婚活もいいことだけではない?

周りが結婚ブームで「私も婚活しないとまずいかな?」なんて心当たりのある方はいますよね。今回は若いうちから結婚するメリット6つとデメリット4つについてまとめてみました。誰にでもチャンスがある結婚だからと油断していてはきっとあなたも.....

オタク婚活のアエルラの評判ってどう?辛口の口コミから見えたあること

「オタクだって結婚したい!」そんな口コミは絶えません。アニメ、コスプレ、ゲーム..とにかくオタクな人の新たなメッカのアエルラなら話の合う異性に出会えるかもしれませんよ!当日の流れから料金まで細かくまとめたので、オタクの方、要確認です!

withで男性からもらった「メッセージ付きいいね!」を辛口評価してみた

withの「メッセージ付きいいね!」は普通のいいね!に比べてどう違うのか?そして異性の心を掴んでマッチングに繋げるにはどんなメッセージが良いのか?そんな疑問に答えるべく、実際のメッセージ付きいいね!を辛口評価してみました!