2018/11/13
恋愛ノウハウ

婚活は同時進行した方が良い?|同時進行のメリットや注意点を解説!

恋愛に夢中になってしまうと、周りが見えなくなってしまうという女性は多くいます。
しかし、婚活をする女性は、自由奔放に恋愛をしていると時間がかかってしまいますので、あまり効率的ではありません。

二股になるのではないかと心配する人もいますが、婚活を同時進行で行うことにより、女性には嬉しいメリットがたくさんあります。
ただし、メリットだけでなく注意すべきこともあるので、覚えておきましょう。

婚活は同時進行した方が良い

婚活をする結婚適齢期の女性は、感情に身を任せて恋愛に翻弄されている時間はありません。
婚活をする人は、一刻も早く相手を見つけて交際したいと思っている人が多いでしょう。

より効率よく結婚相手を見つけたいと思っているのでしたら、婚活を同時進行する方法が合理的です。
婚活で相手との恋を同時進行するというのは、主に以下でご紹介する方法なので、参考にしてみてください。

二股にならないような付き合いをする

二股は、一般的に計算高い魔性の女というイメージを持たれていますが、これは「一人の相手と正式にお付き合いをしているのに、他の相手とも恋愛している」という最低な行為だからです。

一方婚活の同時進行では、相手とまだ正式な恋人関係でなければ、他の男性とも接して相手を見極められます。
そのため、二股とは言えません。

付き合う前にキープしておく

婚活で同時進行をするなら、相手と付き合う前の段階でキープしておくのがおすすめです。

最初は気になる男性複数人をお友達としてキープしておき、お友達としての付き合いを保ちながら、どの相手と付き合うか見極めるのです。

そして、「気になる人一人と付き合って、他の男性は友達としてキープしておく」という方法が良いでしょう。

同時に交際するのではなく、キープする

一般的に交際相手を2人以上作って同時進行しようものなら、完全に二股になってしまうでしょう。

2人以上の相手に平等に愛情を注ぐというのは難しく、ボロが出て最悪の結果別れてしまうというリスクがあるので、正式に付き合うのは1人にしましょう。

特に婚活では、「次々と手当たり次第正式に付き合ってみる」というような方法は効率的ではありません。
複数人のキープしている男性の中から、一番魅力的で結婚したら幸せになれそうな人を見つけて、その人と付き合うのがベストです。

そもそも結婚相談所は二股や三股を推奨してくるのか

婚活でお世話になることの多い結婚相談所は、そもそも二股や三股を推奨しているのでしょうか?

婚活は、「結婚相手を探す」という、今後の人生を大きく左右する活動です。
そのため、結婚相談所では、当たり前のように二股や三股などの同時交際を推薦しているようです。

二股や三股を奨励する理由

現在、数ある結婚相談所の多くは、仮交際という名の同時交際を推薦しています。
まずは、自分が出した結婚条件にマッチする人を絞り出し、「もっと知りたい」などと思えるような相手が現れたら、両者合意で仮交際を始めるのです。

結婚相談所を通して合意の元で仮交際をしているので、一般的な二股などと違って後ろめたさを感じにくく、短期間で相手との相性や相手の性格などを比べることができるからです。

この仮交際は、結婚相談所によって違いますが、基本的には期間が定められています。
そのため、ズルズルと二股が続いてしまうという心配もありません。

そして、お互い本気でお付き合いしたいと思い合えたら、めでたく本交際へと進むことができるのです。
本交際まで進むと、基本的に他の人との同時交際はできなくなります。

複数の同時交際は就活とよく似ている所がある

例え合意の上だからといっても、女性によっては後ろめたさや罪悪感を抱いてしまう人もいます。
また、恋愛経験も少なく、「同時にお付き合いするなんて、そんな器用なことできない」と思う女性も多くいるでしょう。

しかし、婚活は自由恋愛と違って、「結婚を前提に相手を決める」という人生において重要なものです。
そのことを考えると、複数の男性の中から、自分に合う人を選ぶというのは自然なこと。

そのため、婚活で同時交際をするということは、就活によく似ているのでしょう。
就活も人生の分岐点となる大切な活動で、しかも期間が定まっています。

婚活は就活と同じと考えて、どの男性に対しても真剣に向き合って見定めることが大事です。

あえて他の人との同時交際を匂わせて相手をあおる

同時交際という状況をうまく利用したテクニックで、相手に結婚を意識させる方法があります。
これは、なかなか本交際に踏み切れずにいる仮交際の相手に有効ですので、覚えておくと良いです。

例えば、同時進行で仮交際をしていて、あなたはすでに一人の男性に心が決まっているとしましょう。
そこで使うテクニックが、「相手にあえて同時交際しているのを匂わせる」というもの。

「独り占めしたい」、「自分以外の異性に会わないでほしい」
これは、男女問わず好意を持つ相手に対して抱く自然な感情です。

この嫉妬心を使って相手をあおり、結婚への一歩を踏み出しましょう。

一人に決められない場合の対処法

何人かの男性と付き合っていると、「なかなか一人に決められない」ということになる可能性も出てきます。
特に、仮交際は期間が定められているので、決まらなければどちらも失ってしまうかもしれません。

どちらにもいいところがあって、「一緒にいて楽しい」、そして「好意を持ってくれている」ともなると、確かに迷ってしまうのは無理もありません。

そこで、「結婚相手として選ぶ決め手になる重要な条件」があります。
それは、「相手と結婚した後のイメージができるか」と、「相手にとって幸せなことや嬉しいことを、自分のことのように喜べるか」です。

結婚生活は、楽しいことばかりではありません。
二人にとって辛いことや苦しいことがあっても、それを分かち合って一緒に乗り越えていける人が、理想の結婚相手と言えるのです。

そんな二人の姿をイメージできる人を、選びましょう。

婚活を同時進行するメリットとは?

婚活を同時進行すると罪悪感を持ってしまう人もいるかも知れませんが、悪いことばかりではありません。
どのようなメリットがあるのかを、より詳しく見ていきましょう。

時間を有効活用できる

まず、婚活を同時進行でする一番のメリットが、時間を有効活用できるというところです。
本交際前の仮交際期間であれば、罪悪感なく同時進行での交際が行えるので、その期間中に集中して結婚相手を見定めることができます。

短期間で理想の相手を見極めるという意味でも、同時進行の婚活は有効的です。

自分に合った人と出会える確率が上がる

自由恋愛は、基本的にその時のフィーリングなどで付き合ってしまうことが多いです。
婚活であればあらかじめ条件を設定し、自分に合った人を絞ってからお付き合いすることができます。

仮交際という段階を踏むので、自由恋愛のように「付き合ってみたら合わなかった」ということも少ないでしょう。
結婚相手を選ぶのでしたら、より自分に合った人と出会える確率の高い方を選ぶのが得策です。

婚活の同時進行は何人がベスト?

これまで、婚活の同時進行のメリット等についてご紹介してきましたが、具体的に同時進行する人数はどれぐらいがベストなのでしょうか?
最適な人数から、同時進行する人数の上限までご紹介していきましょう。

同時進行は何人までできるのか?

まず、婚活で同時進行でお付き合いをする相手は、一番多くて5人ほどを目安にするのがおすすめです。
確かに同時進行は効率アップに有効的ですが、あまり多過ぎると活動しにくくなるので注意が必要です。

まず、多過ぎることにより相手一人一人と何を話してきたかなど、大事なところの記憶が曖昧になってしまう可能性があります。
また、人数が多ければ多いほど、一人あたりの対面頻度や連絡が少なくなり、結局はそのまま本交際に進まずに終わってしまう危険性があります。

同時にメールのやり取りができる人数は?

婚活相手と同時進行でメールのやり取りするのは、大体2〜5人程度が良いです。
メールの場合は気軽に相手に打つことができるため、違う相手に間違えてメールを送るという間違いを起こさないようにすれば、上限5人まではいけるでしょう。

混乱しないように、これまでのメール履歴で内容をしっかり確認しておけば、複数人との連絡は難しくありません。
ただし、一日のうち色々な時間帯にやりとりをするのも少し大変ですので、きちんと返信する時間帯を決めておくと活動しやすいでしょう。

同時に対面するには何人までが限界?

続いて同時に対面する人数の上限ですが、今こちらはメールと違い2〜3人が限界でしょう。

上限5人までの間でメールのやりとりを行うと、その中で数名くらいは会って話してみたいという人が出てくるはずです。
そこで絞り込むのに妥当な人数が2〜3人です。

まず対面するとなると、そのための時間を作ったり相手に気を遣ったりするので、どうしても一人一人に時間がかかってしまいます。

そして、対面の時点で人数が多過ぎると、相手を見極めるというよりもただ会うことが目的になってしまう可能性があるでしょう。
そのため、肝心の結婚相手にふさわしい人を見つけるのが困難になります。

婚活を同時進行する上での注意ポイント

婚活を同時進行するメリットは様々ありましたが、一方で注意いただきたいポイントもあるので、しっかりと覚えておきましょう。

同時進行する場合、相手を間違えないようにする

こちらは、基本的なことですが、同時進行する際は絶対に相手を間違えないよう慎重に行いましょう。
相手も貴重な時間を使って婚活をしているので、人数を増やし過ぎてボロが出てしまっては、相手にとても失礼です。

まず相手を間違えないように、きちんと何を話したか覚えていられる人数で留めておくのが大事です。
そして、同時進行で予定がダブる事のないように、きちんと予定管理をしておきましょう。

婚活の同時進行の期間の目安

婚活は、将来の結婚相手を見つけるための大事な活動ですので、期間内に相手を絞り込むことが一つの目標です。
そのためには、大体の期間や目安を定めておくと活動しやすいので、覚えておきましょう。

同時進行の出会う回数の目安

同時進行で会う前に、まずメールのやりとりで会いたいと思えるかどうかを絞り込むかと思います。
その際、何人か会う候補がいたら、できるだけ会うタイミングは同じ時期にした方が良いでしょう。
同時期にすることで、より相手の良いところや個性などを比べやすいからです。

同時進行で初めて会ってから一人の人に決めるまでの目安は、2〜5回が良いでしょう。
ファーストコンタクトから計5回ほど会えば、良い人を大体は絞り込めているはずです。

ただし、会ってみて全ての人と合わなかったということも婚活ではよくあること。
その場合は、また複数人条件の合う人を見つけてそこから、自分に合いそうな人を絞り込んでいきましょう。

同時進行期間中は距離感が大事

同時進行で交際している期間中に注意することが、相手との距離感です。
以下の二点に注意して相手との距離感をとりつつ、同時進行していきましょう。

個人情報は開示しない

まだ相手と本格的に交際をすると決まっていないのであれば、むやみに個人情報を開示するのは危険です。
例えば、まだ完全に心を許していない相手に、自宅や職場などの情報を開示するのはやめておきましょう。

婚活の際、何かしら相手との間にトラブルがあった時の自己防衛のためです。

体の関係はもたない

一度体の関係をもってしまうと、特に女性は相手に恋愛感情を持ちやすくなります。
せっかく結婚相手を探しているのに、都合の良い女になってしまうのは時間の無駄です。

確かに体の相性も結婚相手を決めるのにはとても重要です。
しかし、同時進行中に体の関係をもってしまうと、冷静に相手を判断することができなくなるので、注意しましょう。

また、真剣な男性は、好意を持っていて大切だと思える相手に対しては、体の関係をより慎重に考えているものです。
会って間もない女性と体の関係を持ててしまう男性は、真剣なお付き合いを考えていない証拠ですので気をつけましょう。

思わせぶりな態度をとってはいけない

婚活で同時進行で付き合う際に、相手に対して好意を持っているような、思わせぶりな態度をとらないことが重要です。
これが原因で、あなたに本気になった男性が他の女性をお断りして、肝心のあなたが他の人を選んだ場合、トラブルの元になってしまう可能性があります。

もし同じことを男性にされたらと考えると、とても嫌な気分になるでしょう。
このことからも、相手に思わせぶりな態度をとってしまうのは、とても失礼なことです。

複数の人と同時進行で仮交際をするのでしたら、全員平等に誠実な対応をするのが良いでしょう。

交際が正式に決まったら同時進行は辞める

婚活では、同時進行で仮交際を行い、その中から一人の人が決まったら正式な交際をすることになります。
その時が来たら、当然ですが同時進行は辞めましょう。

確かに、本交際に入ったのに破局してしまうということも、婚活ではあり得ます。
そんな時のために保険をかけておきたいという気持ちも分かりますが、そうなると完全な二股になってしまいます。

もし相手にバレてしまうと言い逃れはできないので、注意しましょう。

交際の線引きをきちんとしておく

同時進行で仮交際から始まり、「なんとなく気の合う人一人とお付き合いをしている」
同時進行をしているとそんなこともあります。

相手からも「付き合ってください」という決定打の言葉をいただいていないのであれば、このままなんとなくでお付き合いし続けるのは時間がもったいないです。
また、あなたの方は付き合っているという認識でも、相手からすると未だ同時進行の相手の一人に過ぎないかもしれません。

きちんと交際の線引きをしておく事は、そんな認識のズレを避けるためでもあります。

同時進行時に良くある疑問

婚活を同時進行する上で、主に以下のような疑問や不安が生じます。
これから同時進行を始めようとしていて悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

同時進行に罪悪感がある

婚活の同時進行であっても、やはり複数の相手とお付き合いをするという行為で良心が痛む人も多くいるかと思います。
ただし、一般的な恋愛と婚活は違います。

一般的な恋愛でこの行動すると完全な二股になってしまいますが、婚活でいうと本気で相手と交際する前の仮交際の期間になります。
婚活をしている人は、ほとんどの人が同時交際をして相手を選びますので、自分だけでは無いのだと認識して冷静に相手を見極めましょう。

同時進行は混乱してしまう

複数の相手と同時に交際をするのは、一人一人とコミニケーションをとるということです。
特に恋愛経験の少ない人であれば、同時進行で行うと混乱してしまいそうと不安になる人も多いでしょう。

そんな人はぜひ、婚活ノートというものを作って記録しておきましょう。
誰といつ出会ったか、出会って何回目か、どんな話をしたかなどを細かく書いておけば、混乱して予定が被ってしまうというトラブルも防げます。

同時進行していることを相手に伝えるべきか?

同時進行していることに罪悪感を持っている人は、相手に伝えるべきかで悩む場合もあるようです。

これは相手に聞かれない限り、自分からあえて伝える必要はないでしょう。
聞いてもいないのにいきなりこんなことを言われたら、相手はあまり良い気がしないものです。

もし聞かれたら、正直に「正式なお付き合いをする前に色々な人と会ってみたい」という感じで伝えましょう。
相手があなたに対して本気であれば、伝えたことがきっかけで正式なお付き合いを求められるかもしれません。

自分は同時進行やめても、相手が同時進行してそうな場合

正式な交際が決まったのに同時に他の人と付き合うというのは、ルール違反になります。
もし相手が他の人とまだコンタクトを取っているなら、相手の方が悪いでしょう。

相手があなたのことを大切にしていない証拠ですので、早々に見切りをつけた方がいいのかもしれません。

交際が正式に決まった時に、他の人にはどう伝えるのか?

本命の相手と交際が決まったら、他の人には連絡もせず音信不通になる女性もいます。
しかし、これは常識的に考えて、大人の女性がとる行動ではありません。

あえて他の人との交際が決まったことまで伝える必要はないでしょう。
「価値観の違いを感じた」、「私は〇〇さんの結婚相手としては不足している」など、理由をしっかり添えてお断りの連絡をするのが、相手への誠意ある対応です。

婚活の同時進行は効率よく相手を決める手段

今回は、婚活を同時進行するメリットや、注意点などをご紹介してきました。
同時進行をする場合は、相手に対して失礼のないように、自分のできる範囲で行うのがおすすめです。

関連記事

婚活に疲れた…そんなあなたにオススメしたい婚活方法がありますよという話

パーティー形式の婚活でなくてもアウトドア婚活、スポーツ婚活、ペット婚活、オタク婚活と行った趣味婚活が今フィーバーなのをご存知でしたか?今回は婚活に疲れてしまった方にこそ見てもらいたい内容を詰め込みました!まずは一息、それからス婚活スタート!

婚活を本気でやるためのスイッチを入れる8つの心得!誰でもできることから!

婚活成功ポイントを磨く以前に婚活に対するモチベーションアップ方法9つを今回は伝授します!全部できなくてもこのうち1つや2つやるだけで婚活もうまくいくこともあるとか。まずはお試ししてみて、婚活に参加してみてください!

婚活の初デートを成功させるためのポイント9つ|初対面で気を付けること

婚活相手との初デート!絶対成功させたいですよね。どんな服装や会話をしたらいいか心配だと思います。気を付けるべきポイントをご紹介していますので、ぜひご覧ください。あなたの初デートを成功させましょう。

【1年以内に婚約!】本好きが出会える「読書婚活」完全解説

地味な印象を持つ読書婚活ですが、その成婚率と異性と親しめる可能性は無限大です。趣味婚活の中でも知的な印象を兼ね備えているのと、実際に教養豊かな異性が参加されることも多く、魅力的な参加者が多いのです。今からでも本、読み始めてみませんか?

婚活鬱がひどい…婚活地獄に堕ちる人とその原因とは一体?

「婚活をやめたい」「自分には無理」「諦めよう」実はこう思ってしまう人は婚活鬱の可能性があることを知っていましたか?婚活鬱になりやすい3パターンの人や4つの原因を解説していきます。少し向かっていく方向と考え方を変えればきっと報われますよ!